小林のぶゆき、地震のため活動一時休止/募金のお勧め

ボランティアです。 小林のぶゆきは東北地方太平洋沖地震を受け、現在、駅などでの「月刊小林のぶゆき」配布などの活動をすべて、一時的に休止しております。 被災地である実家の福島県にいる甥と姪を保護するために、横須賀からスクーターで福島に向かっているからです。 なお小林のぶゆきは、地震発生直後すぐにできることとして、信頼性がより高く、かつ手数料が少なくてより多くの割合が寄付に当てられる複数の団体に、募金をしていました。 小林のぶゆきは、皆様にも募金をお勧めしています。「国境なき医師団」はじめ、上記のように被災者にとってより効果的に寄付のできる団体への募金を呼びかけています。 お勧めする他の団体は、後日お知らせ致します。 未曾有の大災害です。 大自然のすさまじい破壊力の前には1人ひとりの力は小さいかもしれませんが、それでもあきらめず、助け合って乗り越えていきたいものです。

続きを読む

東北地方太平洋沖地震

 ボランティアです。 昨日の東北地方太平洋沖地震、被害に遭われた皆様に、お見舞い申し上げます。  ここ横須賀でもかなり激しく、近年では経験したことがないほど大きく揺れました。この野比はじめ広い地域で、日付が変わるまで停電が続き、信号も消えてしまい、不便をなさったり、深刻な問題に見舞われた方もいらっしゃることと思います。  また大津波警報が発令され、地震に続いて、不安なまま夜を過ごすことにもなりました。  地震の直前、ぼくは某急峻な地域を歩き回っており、崖の上にあったり急な階段で玄関に繋がる住宅が立ち並ぶ付近にいました。もし地震発生の瞬間にあの場にいたらと思うと、ゾッとします。あれだけ激しく揺さぶられたら、急で長い階段から振り落とされていただろうと思います。  被害に遭われた方はいらっしゃらないのでしょうか?皆様無事であられることをお祈りいたします。

続きを読む