横須賀市議会は議会改革度ランキング62位へ凋落。

ranking2019.png 毎年、この時期にお伝えしている「議会改革度ランキング」結果のご報告だ。
 →早稲田大学マニフェスト研究所「議会改革度調査2019」

 わかりやすよう、横須賀市議会と上位を抜き出して、右上の表にまとめた(2020年6月17日公開情報を基に小林作成)。

 2011年の全国10位から、この9年間少しずつ順位を落としてきた。うちが後退したのではない。少しずつ前進はしているものの歩みが遅いため、他議会に追い抜かれたのだ。

 より詳しく見ると、「情報共有」「住民参画」「機能強化」の3つの評価項目のうち、情報共有は高めだが住民参画と機能強化が弱い。つまり、会議のネット中継など情報公開はしているが、市民の声を聴いて、それをカタチにする機能が弱いということだろう。

 もう一つ、興味深かったのが、昨年の1位~3位が軒並み順位を落としたことだ。彼らもサボっていたわけではなかろう。1位をもぎとった西脇市議会をはじめ町田市議会、桐生市議会、多摩市議会などが頑張ったということだ。きちんと活動すれば、きちんと評価されるわけで、横須賀市も本気で改革すれば上位を狙えるはずだ。
 そして、それは住民にとってもきっと良い結果を生む。

 県内でも、だいぶ変動があった。相模原と川崎の2政令市の躍進が目立つ一方、茅ヶ崎・大磯・南足柄の凋落が気になる。
神奈川県内ランキング2019
46位 相模原市議会
46位 川崎市議会
49位 箱根町議会
52位 横須賀市議会
53位 茅ヶ崎市議会
82位 鎌倉市議会
123位 葉山町議会


 ちなみに、昨年の記事も再掲しておく。
 →横須賀市議会の停滞。全国ランキング52位へ転落。

 なにしろ、ちゃんと仕事すれば、結果はついてくるはずだ。

この記事へのコメント