東京都は感染症病床を27床も減らしていた!

Bed2017to2019.png いま、コロナ対策のためにデータ分析をしていたのだが、その中で興味深いデータを作成した。
 なんと東京都は感染症病床を27床も減らしていたのだ。
 →感染症病床数2017と2019の差分

 もしも、27床もの感染症病床が元通りあれば、コロナ患者の受け入れ先も、もう少しスムーズに見つかったのではないだろうか?

 全国的に見ると、東京都△27床・埼玉県△4床・兵庫県△4床の3都県の他は、合計で+30床増やしている。つまり、東京都だけ大幅に減らしているのが目立つ。
 2年間の間に、いつ、なぜ削減したのか? 行革による削減なのか、病院の撤退などによる不可抗力で減ったのか、わからないので評価はできないが、都政関係者にとっては検証すべき案件ではないだろうか。

 なお、検証可能なように、元データも示しておく。
 →厚生労働省「感染症指定医療機関の指定状況(平成31年4月1日現在)」
 →上記サイトをExcelシートにしたもの
 →総務省「e-Stat」(2017年度の都道府県別の感染症病床数はコチラ)

この記事へのコメント