まだ立ち上がらない横須賀市議会のコロナ対策協議会

gikaiunneiiinnkai202003.png 横須賀市議会は、ようやく「新型コロナウイルス感染症対策検討協議会」を設置することを決めた。本日4/30の議会運営委員会においてだ。
 しかし、これから要綱案を作成して、次回5/7の議運で要綱を決定してから立ち上がるらしい。
※写真は3/18の議運中継

 しかも、出席者をどうするか(各会派と無会派の人数)を決定しなかった。この件も、要綱と併せて次回に持ち越しとなる。
 加えて、ネット中継はしないという。個人情報を理由としていたが、通常の常任委員会においても個人情報は出てくるし、それが外に出ないように資料を黒塗りしたり、案件によっては秘密会にしたりする手続きはある。同様に行えばいいのに。
 一方、議事録を残すこととしたのは良かった。しかし、その議事録を通常の「会議録検索システム」に載せるかどうかを決めていない。これも持ち越しだ。

 4/23に提案が出てから半月だ。このスピード感は、市民目線にどう映るだろうか。忸怩たる思いだ。

この記事へのコメント

  • 何故対策委員会を開くのに時間を要してるんですか? 議事録を公開すると何か問題があるんですか?人口減少で40万を下回っても議員定数は1減でお茶を濁す。高額報酬に見合う仕事をしないなら議会の存在意義は何ですか?
    2020年04月30日 14:30