横須賀市議選で3期目当選しました。

 横須賀市民のみなさま3,056名からの負託を受け、横須賀市議会議員に選ばれました。3期目の4年間の任期を頂きました。
 この間、ご支援下さったみなさんに、心から感謝しています。公職選挙法上、お礼は申し上げられないのですが、また直接お目にかかりたいと思います。

 さて、当選できたとはいえ、前回は現職で最も得票を伸ばした私が、今回は一転して現職で最も票を減らした議員となりました。
一期目 2,977(26位)
二期目 4,165(7位)+1,188
三期目 3,056(23位)-1,109

 1期目の4年間に積み上げた票を、2期目の4年間に失ったことになります。

 この原因は、3つあると思います。
 第一に、私の活動に対する評価です。「1期目よりも、会派に入って丸くなっちゃって、すっかり牙を抜かれて、あまり魅力を感じない」という声も何人かからもらいました。おそらくそういうことなのでしょう。あと、「俺が、俺が」というよりも「会派で」「仲間で」という仕事の仕方と打ち出しをしてきたことが影響していると思います。「市民の声を聴く会」、「よこすか未来会議」、「選挙ポスターOpenData化作戦@横須賀」や、議会改革状況・議員定数の調査など、全体のための仕事をしたことも、評価されるわけではないことが改めてわかりました。
 第二に、他の候補者との構図です。若い改革派のポジショニングで、無党派層の浮動票を集めるスタイルで仕事をしてきました。しかし今や、もっと若くて活動的で加えて男性の候補者が続々と登場したことで、差別化が図れなくなっていたと感じています。
 第三に、やはり増上慢があったのでしょう。前回、最も票を伸ばした議員ということにあぐらをかいて、心のどこかにおごりがあったのだと思います。

 以上の反省を踏まえて、次の4年間はいっそう成果を出せるように努めていきます。今後も、ご支援をお願い致します。

この記事へのコメント