「公園墓地」は公園じゃなかった。

img_main02.jpg 横須賀市に「公園墓地」というものがある。この公園墓地が、公園ではなかったことを知って驚いた。
 より正確に言えば、「都市公園法」に定められた「都市公園」の分類としての「特殊公園」のうち「墓園」だとばかり思っていたが、そうではなかったのだ。

 なお、公園の分類については、2018年10月8日に開催した「市民の声を聴く会」の資料としてわかりやすく作ったので、下記をご覧頂きたい。
→これでバッチリ! 横須賀市の公園まるわかり(PDF)
→住区基幹公園設置のモデル(PDF)

 これは、横須賀市オープンデータライブラリの情報を基に作成したものだが、その過程で公園墓地の名前が無いことに気付いたので、昨日、横須賀市役所に問合せをしたのが発端だ。本日、公園建設課から連絡が来て教えてもらったのだが、公園墓地は公園と名前はついているものの都市公園法の公園ではないという。
 「都市公園じゃないなら、慰霊目的じゃない人が公園的な部分に自由に出入りして花見をしたりスポーツをしたりしてもいいのか?」とたずねると、いいとのこと。公園と同じように使っていいらしい。
 「とはいえ、まぎらわしい。なぜ公園墓地と名付けたのか?」と確認したところ、墓地の中に公園的なものを配置した公園墓地というコンセプトの墓地は全国に他にもあるとのこと。
 「他市では都市公園の特殊公園の墓園として整備する例もある中、どうして本市ではその位置付けにしなかったのか?」と聞くと、当時の判断についてはわからないとのこと。
 ただし、都市公園の場合は一般会計で整備しなければならないというルールがあるが、都市公園ではないので特別会計で整備しているとのこと。つまり、墓地の利用料収入の中から公園的な部分の整備費や維持管理費をまかなっており、墓地を使っていない人に公園的な部分にかかる費用の負担を求めずに済んでいるということになる。なるほど、それはいいことだ。

 余談だが、本市は『神奈川県内の市でNO.2の「公園のまち」!』というのを売り口上にしている。私は、今の今までこの公園面積には公園墓地も含まれていると思っていた。つまり、「実際には一般の人があまり使わない広大な公園墓地で少し水増しした数字だろうな」と邪推していた。しかし、No.2の元データとなる公園面積は都市公園だけで、墓地部分はおろか公園的な部分も含まれていなかった。

 個人的には、まぎらわしいから「庭園墓地」という名前のほうが良かったんじゃないかと感じた。
 なお、Wikipediaでは「横須賀市営公園墓地(よこすかしえいこうえんぼち)は、神奈川県横須賀市にある都市公園(墓園)[1]。」と書かれていたので修正しておいてあげた。

 以上、細かい話だが、せっかく調べたので仕事の記録として残しておく。

この記事へのコメント