2018年10月12日

会派・研政の政策提言2019を発表しました

Kenseipolicy2019Presentation.png 私が所属する横須賀市議会の会派・研政(伊関功滋、橋英昭、角井基、長谷川昇、私)は、10/2に「政策提言2019」を市長に提出しました。うっかり、ご報告が遅くなりました。
 →政策提言2019(PDF)

 研政の「政策提言」は、かつては「予算要望」と呼んでいたものです。しかし、「予算をくれ〜って言っているみたいな名前だね」「実際には、予算を削れって言ったりしているのにね」「それに、最終決定者の議会の人間が、要望っておかしいよね」といった議論を経て、予算の要らない事業や行財政改革も積極的に提案している実態をふまえて4年前に名称変更しました。いわば、会派のローカル・マニフェストです。
KenseiPolicy2019.png また、つくりあげる過程で、「市民と議員のよこすか未来会議」という広聴会も開催し、市民からの提案も積極的に取り入れてきました。この策定過程が評価されて、研政はマニフェスト大賞2017で優秀マニフェスト推進賞も受賞しています。

 3月議会では、この政策提言も踏まえて市長に代表質問も行うなど、実現に努めていきます。
 なお、実現したものは項目から外して、実現しないものは提言内容を見直したりして、毎年内容を見直しています。
 ちなみに、私が研政入りしてからの政策提言もUPしておきます。
→政策提言2016(PDF)
→政策提言2017(PDF)
→政策提言2018(PDF)

 研政では、「くらしの声をかたちに。研ぎすます政策力。」という“コーポレート・メッセージ”を掲げています。市民の声を丁寧に聴く力。会派内での喧々諤々のやり取りの中から生まれる発想や解決策といった議論の力。これらを最大限に発揮して、これからも政策集団として頑張っていきます。
posted by 小林のぶゆき at 12:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: