2018年06月11日

横須賀市議会は全国ランキング34位。このまま復活なるか?

CouncilReformRanking2017.png 毎年、この時期にお伝えしている、議会改革度ランキング結果のご報告です。
 →早稲田大学マニフェスト研究所「議会改革度調査2017」

 わかりやすよう、横須賀市議会と上位を抜き出して、右上の表にまとめました。

 2011年には全国1700超のまち中10位となり、全国有数の議会として視察も相次いだ我が議会。ところが、あぐらをかいているうちに、2015年には175位まで凋落してしまいました。それが、2016年には59位、2017年には34位と、何とか持ち直しつつある格好です。
 これも、板橋衛・前議長のリーダーシップの下で「議会改革第2ステージ」と銘打って再始動した結果が出ていると思います。そして、2年目を迎えた木下憲司・現議長を筆頭に、その歩みを重ねている証拠だと言えます。昨年記事の「おそらく、来年はもう少し上がるんじゃないかなあ?」という予言がズバリ的中しました(笑)

 県内では、茅ヶ崎市議会(12位)、箱根町議会(24位)に次ぐ3位。昨年は後塵を拝した大磯町議会(59位)を追い越しましたが、かつて県内ではダントツ1位だったわけですから、喜んではいられません。
 ちなみに、人口も抜かれ、かつてはこのランキングでも追い抜かれたライバル(!?)の藤沢市議会ですが、今年は154位と振るわなかったようですね。議員定数・議員報酬・政務活動費のいずれも我が議会のほうが多いので、何かと比べられがちですが、仕事ぶりで負けたくないものです。

 ちなみに、例年の過去記事も再掲しておきます。
 →2016「横須賀市議会の復調。175位から59位へ。」
 →2015「17位から175位への転落。これが横須賀市議会の実力か?」
 →2014「議会改革度ランキング全国29位は本当の実力か? 横須賀市議会」
 →2013「人口だけでなく議会も藤沢に抜かれた横須賀」

 でも、このランキングはモノサシ(指標)でしかないのです。単に、学校のテストの点が良かったのと一緒です。
 問題は、どれだけ市民の声をカタチにできるか。地道に勉強していれば、必ずテストでも結果が出るということです。
 私の任期もあと10か月、しっかり頑張ります。
posted by 小林のぶゆき at 15:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: