2017年07月06日

「上地市長、お願い。早く給食を導入して!」キャンペーンを開始!

SchoolLunchB.pngSchoolLunchA.pngSchoolLunchC.png 横須賀市の中学校給食が4〜5年後になるのか? もっと早まるのか?
 実は、7/18の上地市長の決断にかかっています。ご存知でしたか?
 時間は、ありません。そこで、ネット署名で有名なChange.orgを利用して、キャンペーンを始めました。右の3つのアイコンも用意して、これからどんどん拡散していきます。ぜひ、みなさんもポチッと賛同をお願いします。

上地市長、「中学校給食の早期実施」って約束してくれましたよね?
親子方式で、2019年4月には開始してください!
〜時間もかかる。お金もかかる。センター方式はマズいでしょ!〜

 本年6月30日の教育委員会定例会議で、横須賀市の中学校給食を「センター方式」で実施する方針案が示されました。でも、センター方式には、問題がいっぱい!
●時間がかかる:用地もまだ決まっていない中、導入までに早くて4年はかかると言われています
●お金がかかる:大規模な調理工場である給食センターを整備するには、大きなお金がかかります
●ハコモノ過剰に:市の発表では、今後30年で子どもの数は40%減少する予測。現在の生徒数に合わせて建設すると、すぐに施設が過剰になる見込みです
●小学校までセンターに!?:分散型の自校方式には色々なメリットがあります。しかし、ひとたび給食センターを建設すると50年は自校方式の芽が摘まれるでしょう。むしろ、自校方式の小学校まで、順次センターに転換されていくことが予想されます。

 教育委員会の方針案をひっくり返して、センター方式にSTOPをかけ、親子方式でいい給食を早く安く提供すべきです。

 上地市長、いまこそ新市長の力の見せどころです!
 2019年4月には給食が導入されるよう、みんなで背中を押しましょう!

 署名はコチラ↓(私にも上地市長にも、誰が署名したか、一切の個人情報が漏れません)
posted by 小林のぶゆき at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451562627

この記事へのトラックバック