2017年06月26日

横須賀市長選と今井絵理子某 〜批判とネガティヴ・キャンペーン〜

ImaiEriko.png 横須賀市長選が終わった。

 ところで、今井絵理子なる参議院議員が、「批判なき選挙、批判なき政治を目指して」などという投稿をして、話題となっている。この人は、「批判というものは、しないほうがいい」と思っているのだろう。

 さて、今回の横須賀市長選で私は、前回は推した現職に対して、今回は徹底して「批判」した。そのことに対して、数多くの非難を受けた。いわく……
 「小林のネガティヴ・キャンペーンは不快だ」
 「批判ばかりの議員など要らない。給料返せ」
 「じゃあ、お前に市長が務まるのか? やれるもんならやってみろ」
 「誹謗中傷合戦は見るに耐えない。自分の応援する候補にいいところがないから、相手を批判するしかできないんだろうよ」
……といったものだ。

 この今井絵理子某と、これら非難の全てではないにしろある程度の部分には、通底するものがあるように思う。要するに「批判は良くないことだ」という考え方だ。

   〜   〜   〜
 ところでまず、これらの非難に、反論させてもらいたい。

 私は仕事柄、現職市長の「それは人としてどうなんだろうか?」と思われるような発言やエピソードもいくつか知っている。直接見聞きしたものもあるし、有権者や業界団体からの複数の伝聞で裏付けが取れたものもある。
 しかし、私は今回の選挙に際して、それらのネタを使って「中傷」することは一切しなかった。真実であり、人物的な評価を貶めるためには効果的であったろうと思う。だが、本質ではない。
 一方で、未達成の公約や政治姿勢については、舌鋒鋭く「批判」してきた。それは、本質的だからだ。

 そもそも、私は今回の市長選で誰も応援していない。3人の候補者の政策比較と解説などもしているが、ご覧のとおり全員を「批判」している。
 だいたい、私は「議員は自分のまちの首長を応援したりするもんじゃない」と考えている。なぜなら、議員は市長を監督するのが仕事だ。いいものはいい。悪いものは悪い。市民代表として送り込まれ、是々非々で市長らを監督し、その内容を市民にご報告する。これが、議員の本分だと考えている。なまじ応援などしてしまうと、目が曇ってしまう。
 そして、「市長の代わりが務まるのか?」と言われるが、議員は市長の部下ではない。勘違いしている人が多いが、全く別の仕事だ。会社で言えば社長を監督する取締役だ。求められる能力も違う。ちゃんと中学校で地方政治とか会社の仕組みを教えないから、こういう頓珍漢なことを言う人が出てくる。
   〜   〜   〜

 ところで「批判」という言葉の意味を辞書で調べてみよう。
【批判】(大辞林 第三版)
@物事の可否に検討を加え、評価・判定すること。 「学説−」 「 −を仰ぐ」
A誤っている点やよくない点を指摘し、あげつらうこと。 「政府の外交方針を−する」
B【哲】 〔ドイツ Kritik〕 人間の知識や思想・行為などについて、その意味内容の成立する基礎を把握することにより、その起源・妥当性・限界などを明らかにすること。

 出来の悪い学生ではあったものの、大学の哲学科で西洋近代合理主義的「批判」精神に触れた私としては、「批判」という言葉に必ずしも悪いイメージを持っていない。
 そして、この「批判」の意味から言えば、市長たらんとする人を「批判」することこそが、監督することにつながると思うのだ。

 現職に対する批判が「ネガティヴ・キャンペーン」に見えたのなら、それは批判の結果として現職の評価が低かった当然の結果だろう。
 それに、「ネガティヴ・キャンペーン」を直訳すれば「落選運動」だ。私は、現職に対する落選運動なら熱心にしてきた。ただし、徒な中傷ではなく、健全な批判によって、事実を基に冷静な批評に努めてきたつもりだ。その証拠に「オマエは評論家か!」というお褒めの言葉も頂いたほどだ。

 さあ、今後は上地・新市長をしっかり「批判」していこうと思う。
posted by 小林のぶゆき at 22:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小林さん、今回も見事な論破ですねw
批判を許さない人達って普段は馴れ合いの世界に生きていて、異常に同調圧力かけてきたりしますよね。
議員と市長が馴れ合っちゃったら市政は終わりだと思うので、これからも毅然と是々非々の姿勢で臨んでください。

話は変わりますが、新人議員の加藤裕介君とは別の会派になると思いますが、機会があれば色々と教えてあげてください。

ではまた
Posted by 多田伸也 at 2017年06月26日 23:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451230590

この記事へのトラックバック