2017年06月12日

横須賀市議会の復調。175位から59位へ。

Ranking2016.png 早稲田大学マニフェスト研究所による「議会改革度調査2016」の結果が本日6月12日に発表されました。
 →上位300位の一覧表

 結果は、右上の表にまとめましたが、過去記事「17位から175位への転落。これが横須賀市議会の実力か?」でお伝えしたように、前回2015年には175位まで凋落したわけですが、2016年は何とか持ち直した格好です。
 県内では、茅ヶ崎市(11位)、箱根町(21位)、大磯町(32位)に次ぐ4位。茅ヶ崎の躍進ぶりが目立ちますが、一度、情報交換をしてみるのもいいかもしれないなと思いました。

 この間、板橋衛前議長のリーダーシップのもと、形式ではなく実質的な議会改革に取り組んできましたので、その結果がそのまま表れた格好だと思います。
 「頑張れば、結果が出る」ということがわかります。おそらく、来年はもう少し上がるんじゃないかなあ? これを励みに、引き続き私も頑張っていきます。
posted by 小林のぶゆき at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック