2017年05月09日

ひと安心。横須賀市は消防団に報酬を払っているまちでした。

p1150361.jpg 日夜、市民の安全のために活動下さっている消防団員のみなさま。ところで、その消防団員に報酬を払っていないまちがあると聞いて驚きました。
※写真画像は横須賀市ホームページ「消防団員の募集」より
 「横須賀市はちゃんと他市並みには払っていたはずだよな」とは思ったものの念のため消防局に確認しました。結果、国が地方交付税算定で払っている(ことになっている)金額との比較は次の通り(聞き間違いあるかも)。だいたい水準並みには報いているようです。
横須賀市の消防団員への年額報酬(単位:万円)
階級 報酬 地方交付税の基準額
団長 11.3 (8.2)
副団長 9.1 (6.9)
庶務部長 7.9 (5.5)
分団長 6.8 (5.45)
副分団長 5.5 (4.55)
部長 4.2 (3.7)
班長 3.7 (3.7)
団員 3.5 (3.65)

 その他にも、出動や啓開訓練ごとの手当もあって、それは基準額よりも低めのようですが、いずれにしても担って頂いている事を仕事としてお金に換算したら到底見合いません。奉仕活動として貢献して下さっていることに、改めて感謝で報いたいと思いました。
posted by 小林のぶゆき at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449735458

この記事へのトラックバック