2017年04月15日

4/23(日)13:30〜南教授講演会&「市民と議員のよこすか未来会議」

 →チラシはコチラ(PDF)
KenseiHearing20170423.png 私たちの会派「研政」の政策には、自信があります。それは、「政策のつくり方」に自信があるからです。
 研政では、市民の声を聴きながら、議論を重ねながら、政策を練り上げていきます。5人が普段から市民と接して拾い集めた声に加え、今回の公聴会「未来会議」での声を、実際にいくつもの政策を政策集に盛り込んできました。参加頂いた方はご存じのとおりです。
 そうして練り上げた政策を、市にも政策提言し、議会活動でも活かしています。今回は「それがどの程度反映されたのか?」、ご報告しつつ、更にご意見を伺うもので、こうやって政策づくりのPDCAサイクルをまわしていきます。

 そして、今回は市の施設配置適正化計画検討委員会で委員長を務めた南学教授もお招きし、併せてご講演も頂くことにしました。南先生は、公共施設問題の第一人者として講演や検討委員などで全国を飛び回っている東洋大学教授です。
 横須賀市の課題を誰よりも知り、全国の先進事例も数多く見てきた、専門家。その南先生がいらっしゃる東洋大学に、中央駅前の一等地である児童図書館用地のあり方について研政メンバーで委託調査をしてきました。それは、色々な面で行き詰まりを見せている「施設配置適正化計画」に対して、「こういう解決方法があるんだよ」とモデルとなる方法を示したかったからです。夢のない灰色計画から、「こうすれば施設を減らしても市民満足は上がるよね!」と希望の持てるプランづくりへ、舵を切りたかったからです。

 盛りだくさんの3時間。ぜひ、足をお運びください!
第4回 市民と議員のよこすか未来会議
〜私たちの声は予算にどう反映されたか?〜
※今回も、カフェ形式でじっくりトーク
●日時:2017年4月23日(日)13:30〜16:30
●場所:産業交流プラザ 第一研修室
●申込:不要。参加費無料。どなたでもお越しください
●問合:橋英昭070-2209-3301
posted by 小林のぶゆき at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック