2016年10月05日

「市の予算、勝手にオープンデータ化」がマニフェスト大賞で受賞!

 本日、マニフェスト大賞2016の結果が発表され、「優秀政策提言賞」部門で、インターンの増田紫乃さん、和田悠人さん、I-CASインターン生のお2人と共同受賞しました!
 →『マニフェスト大賞「優秀賞」35件決まる』毎日新聞2016年10月5日
DistributionYokosuka2016.png
 マニフェスト大賞は、政策本位の政治を目指す全国の首長・地方議員・市民らを毎年表彰しており、今回で第11回。実は、個人で受賞したものも含めると、今回で5年連続の受賞となります。
●2012年「横須賀ハコモノ研究会」
2013年「横須賀データマップ」
2014年「市民の声を聴く会」(故・山城保男議員と共同)
2015年「街頭プレゼンのパッケージ開発」(間瀬海太さんと共同)
2016年「市の予算、勝手にオープンデータ化プロジェクト」

 ちなみに、どの活動も現在も継続中です。市議会議員になってから、毎年受賞していることになりますが、その背景としては、
マニフェスト研究所の勉強会で学ぶ
   ↓
全国の先進事例を知って刺激を受ける
   ↓
自分もがんばる
   ↓
受賞する
   ↓
受賞作のプレゼン大会に参加して学ぶ
   ↓
またまた刺激を受ける
   ↓
更に自分もがんばる
 という「マニフェスト・サイクル」がなんだか完成している気がしています。要するに、マニフェスト大賞の狙い通り、賞というニンジンをぶら下げられて、まんまと「善政競争」させられています(笑)。でも、私は怠け者なところがあるので、本当にいい機会を頂いています。感謝。
 と言いつつも実は今回、厚さ32cmもの資料を入力してくれたのは全部インターンの4人。私は1件たりとも入力作業をしておらず、監修をしたという体になっています(苦笑) みんな、よくがんばった!

 いずれにしても、出馬以来の公約「見える」「わかる」「変わる」の延長線上に今回の取り組みもあります。今後も続けていって、横須賀市をもっと面白くしていきますよ!

追伸:
 小林のぶゆき事務所では随時インターンを募集しています。この業界にもし興味があれば、報酬もあるので普通にバイトするよりも、得られるものが多いと思います。ぜひ事務所のドアを叩いてみてください。
posted by 小林のぶゆき at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442549571

この記事へのトラックバック