我が会派「研政」が、マニフェスト大賞でノミネートされました!

ManifestoAwardApply.png マニフェスト大賞2016が実施されています。8月末が応募締切で、会派と個人で応募していました。
 受賞発表は10月5日ですが、本日ノミネートの発表がされました。応募総数2,514件のうちノミネート88件、つまり「この中から受賞者が選ばれる」というリストです。そして、私の所属する会派「研政」の公聴会「市民と議員のよこすか未来会議」の取り組みが、コミュニケーション戦略賞にノミネートされました!
 →マニフェスト大賞HP「第11回マニフェスト大賞ノミネートを発表しました」

 全国の数ある取り組みの中、受賞までは正直難しいと思いますが、審査員の厳しい目を通過してノミネート頂いたことは、取り組みの方向性が間違っていなかったのだと背中を押された気持ちです。参加頂いた市民のみなさんにも心から感謝を申し上げます。

 そして、もう一つうれしいご報告です。小林のぶゆき事務所(インターン増田紫乃、和田悠人、I-CASインターン生)で応募していた政策提言賞でも、「市の予算、勝手にオープンデータ化プロジェクト」がノミネートされました! 今回は、本当にインターンのみなさんの力で作り上げたものなので、一定の評価を頂きねぎらって頂いたような想いです。

 これを励みに、今後もがんばっていきたいと思います。

この記事へのコメント

  • まよこ

    初めてコメントさせて頂いております。
    季刊22号を読みました!
    ヨコスカ市電計画が雷に撃たれたような衝撃で、すごくいい!!と思いました。文章もすごく分かりやすくて、読みやすかったです。

    私も毎日、京急電車を利用しています。
    横須賀中央から衣笠行きのバスに乗ったこともあります。しかし、メイン路線意外は行ったことなどありません。
    市電は広島か高知あたりで乗った記憶があります。
    観光客にも、普段生活している人にも人気な印象でした。

    横須賀にも市電ができたら、仮計画路線を見ると学生さんは楽で便利だと思います。 電車好きな人や、観光スポットの開発、周囲のお店も賑わいそうですよね!

    これからも、応援しています。

    2016年09月30日 02:21

この記事へのトラックバック