ついに、横須賀市の全予算をデータ公開で「見える化」!

その後、本記事の内容について、特設ページを開設しました。併せてご覧ください。 →市の予算、勝手にオープンデータ化プロジェクト

IMG_2420.JPG いや~、大変でした。横須賀市の予算(2016年度当初予算説明資料の歳出)を、ひととおりExcelに入力しました。どうぞ見てやってください!
 →歳出予算2016(.xlsファイル)

 実に、厚さ7cm。何千ページあるか数える気にもならない膨大な資料と格闘した、3か月間。

 「別に、冊子を開いて眺めればいいだけでしょ?」と思われるかもしれない。でも、こんな酔狂なことをしたのには、2つ理由があります。

(1)誰でも、市の予算を見ることができるようにすること。
 予算説明資料は、買うと1,100円?もします。手に入れることができません。ネット公開もしてません。販売しているのは、見ても仕方ない「予算書」だけで、「予算説明資料」は売ってすらくれません。※8/30訂正
 書き方も独特なので、なかなか理解しにくい。でも、表形式なら理解が楽チンです。

(2)分析・検索できるようにすること。
BudgetYokosukaCity2016.png データになっていればこそ、分類したり、検索したりすることができます。ひとまず、僕なりに分類した用途別のグラフも作ってみました。

 この作業には、インターンの増田さん、和田さん、そして高校生インターンの濱田さん、菅野さんに多大な労をとって頂きました。感謝、感謝です。

 さあ、僕の公約である「見える化」がまたひとつ完了しました。
 ここから横須賀市を「わかる」「変わる」していきますよ~。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック