9/18研政公聴会+9/20ハコモノ研視察+9/20超党派公聴会

イベント続々! 3つの企画が目白押しです! お待ちしています!!!
横須賀市議会 会派 研政

市民と議員のよこすか未来会議2015

~市の来年度予算に、市民の声を。~

KenseiYosanHearing2015.png→詳細チラシはこちら
●日時:2015年9月18日(金)
    18:30~20:00
●場所:ヴェルクよこすか 第1研修室
●対象:横須賀市民
●申込:不要
●問合:髙橋英昭070-2209-3301
 横須賀市の現状や将来を考え、来年度の予算を組むのは市長です。そして、最終的にその予算でいいかどうか、判断して決定するのが議会です。ただし、市長から予算案が上がってくるのを待つだけでなく、議会の各会派は予算編成の前に「こんな点を盛り込んでほしい」とあらかじめ市長に対して要望をしています。それが予算要望です。毎年、それぞれの議員が普段から市民と接して拾い集めた声をもとに、会派内で議論を重ね、要望内容を作り上げています。今回、初の試みとして、2016年度予算要望(案)をもとに市民のみなさんと意見を交わし、より生活者の声を活かした、くらしに密着した予算要望に仕上げていきたいと考えています。どうぞお越しいただき、あなたの声をお寄せ下さい。

どーする? 児童図書館建替え

ハコモノ研視察 参加者募集!

LibraryTour.png※バスを手配しました!
中央駅前に市民のための複合施設を。
9/20に都内の先進事例視察を企画。
●集合:9月20日(日)10:00
    @横須賀中央駅前 児童図書館
●日程:10:00横須賀市児童図書館視察
    10:30バス移動
    12:00日比谷図書文化館で昼食と視察
    14:00バス移動
    14:30武蔵野プレイスにて見学
    15:30バス移動
    17:00横須賀中央駅にて解散
●参加費:バス代大人2000円、子ども500円
     (現地での昼食代等実費は自己負担)
●申込:先着20名。要電話申し込み(小林のぶゆき 070-6640-3927)
 市のハコモノはどうなっているか? 今後どうすればいいのか?
 4年前から、市役所に先駆けて公共施設モンダイに警鐘を鳴らし、市民側から知見を深めてきた横須賀ハコモノ研究会。これまで、稼働率データの調査・公開、ムダの多い施設の現地視察、有識者の講演、施設情報の
データマップによる「見える化」など積極的に活動してきました。
 第7回は、他市への視察を企画しました。本会でも提案してきた横須賀中央駅前の児童図書館の複合施設化について、現在、市役所でも検討が進められています。そこで市民満足を高めるにはどんな施設がいいか、参考にすべく先進事例を視察することにしました。

第7回 議員有志で市民の声を聴く会

私の税金はちゃんと使われたの?

Hearing20150920.png 市の議案等について、「YesかNoか議決する前に、市民のみなさんの意見をじっくり聞いて参考にします」という趣旨で始めた「市民の声を聴く会」。いわゆる公聴会にあたりますが、好評につき第7弾です。前回から、党派や会派を超えた4名で実施しています。
●日時:2015年9月20日(日)
    18:00~20:00
●場所:産業交流プラザ 第2研修室
●主題:平成26年度横須賀市決算
●対象:横須賀市民(未成年や外国籍も歓迎します)
●主催:市議有志(山城保男・小室卓重・髙橋英昭・小林伸行)
※申込不要ですがお越し頂ける方はご連絡頂けると助かります。
 小林070-6640-3927
→詳細チラシはこちら
 今回のテーマは、「私の税金はちゃんと使われたの?」。横須賀市の2014年度決算書がもうすぐ発表されます。それを基に、市議会で「予算の執行は適切だったか?」をチェックする決算審査が今年も行われます。そして、横須賀市の予算の大部分は、みなさんから預かっている税金がもとになっています。
― ムダな税金の使い方をしていないか?
― 同じ金額で、もっと市民が満足する方法は?
― 同じサービスを、もっと安い予算でできない?
 4人の議員が、市の事業を1つずつ選び、その内容と結果をわかりやすく説明します。それをもとに、みなさんのご意見を伺います。今回は、少し「事業仕分け」に似ているかもしれません。問題点を指摘するだけでなく、建設的な改善策も伺い、今後の予算決算常任委員会での質疑や議決の参考にしたいと思います。心配しないで何も準備せずに来て大丈夫です。このまちのオーナーである、あなたのご意見をお聞かせ下さい!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック