2015年05月21日

議会改革度ランキング全国29位は本当の実力か? 横須賀市議会

CouncilReform2014.jpg 早稲田大学マニフェスト研究所による「議会改革度調査2014」の結果が5月19日に発表されました。
 →上位300位の一覧表

 気になる横須賀は、29位。
2012 17位(県内1位)
2013 41位(県内3位)
2014 29位(県内2位)
 ということで、前年から持ち直した感じでしょうか。ライバルの藤沢市を抜き返したものの、県内1位に返り咲くには大磯町が立ちはだかっている、と。

 ちなみに、過去記事『人口だけでなく議会も藤沢に抜かれた横須賀』や、過去記事『うちの議会は42点?「議会改革自己診断シート」を使ってみた!』もご参照ください。

 しかし、この1年で何か新しいことをやったっけ? うーん、特に無いような……。
 おそらく、請願や陳情の際に希望があれば「陳述人」として議会に来て直接、自分の声で訴えることのできる制度を整え、実際に2回ぐらい使われたことが大きかったのではないかな?

 でも、議会として市民の声を聴く取り組みは、まだまだだと思うんですよね。まずは、議会報告会等検討会のメンバーにも選ばれたので、「つまらない!」と大評判(苦笑)の「議会報告会」を「議会公聴会」(議会懇談会)にサシカエするあたりから取り組んでみたいと思います!
posted by 小林のぶゆき at 17:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
町田市政を考える会・草の根と申します。
『早稲田大学マニフェスト研究所』及び『日本経済新聞社・産業地域研究所』のアンケートによる議会改革度調査の結果、「町田市議会が議会改革度 都内ナンバー1」という評価を受けています。しかしながら、上記アンケートの回答には非常に多くの事実に反する回答(虚偽の回答)がされています。昨今の社会現象を考えた時、見過ごすことは出来ない事例としてお知らせいたします。詳しくは、『町田市政を考える会・草の根』のホームページをご覧ください。
Posted by 町田市政を考える会・草の根 at 2015年10月23日 18:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック