脱原発へ、衆院選「落選運動」を

Yesmen.png 脱原発の私としては、いよいよ我慢の限界! 衆院選も近づいてきたし、そろそろ欧米流のネガティヴ・キャンペーンを仕掛けたいと思っています。つまり「落選運動」。
 いいコトを応援するのがポジティヴ・キャンペーン。悪いコトを批判するのがネガティヴ・キャンペーン。自分たちが「ダメ!」と思うこと、つまり原発推進をする議員は誰なのか明らかにして、みんなにわかりやすく伝えたい。
 過去に、いろいろな団体・メディアがアンケート等を実施しているので、まずはそれをExcel表に整理してみました。網羅的に拾えているのは神奈川だけですが、今後は全国をカバーしたいところ。
→衆院選「脱原発」チェック!(Excel形式)

Nomen.png 私は、政権交代に期待して2008年に民主党に入党し、秘書として2010年まで民主党を支えてきましたが、もはやこの党には期待していません。かといって、民主党がガタガタなら自民党もバラバラ、その他も実行力が疑問で、期待できる政党などない。これが私の率直な感想です。
 だから、人物本位で選ぶしかないと思うんですね。政党に関係なく、いい国会議員・候補者はいると思う。それが日本の希望だし、その人たちを選ぶことで日本の未来が拓けるんじゃないか。

 私は2002年からNGOで活動して、一貫して脱原発の立場で情報発信してきました。「エコ就職ナビ」で、当時から関西電力の原発比率が高いことを調べ上げ問題視してきたのも私です。メガバンクが電力会社に多額の融資をしていることを指摘した「エコ貯金ナビ」にも関わってきました。環境コンサル時代には、顧客の電力会社に歯向かって担当を降ろされたこともありました(苦笑)。市民の力を信じて、これからも活動していこうと思います。

 なお、衆院選「脱原発」キャンペーンの実施にご関心をお持ちの方、あるいは既に同様のご計画をされていた方、一緒にやりませんか? ご連絡をお待ちしています!


この記事へのコメント

  • のぶ

    ノブの爆笑劣化映像他にないの?
    2012年07月22日 00:05

この記事へのトラックバック