「私の貯金」に働いてもらおう。その二

 小林のぶゆきです。

 以前に「『私の貯金』に働いてもらおう。」というタイトルで、「200万円のお金を復興事業に投資して、貯金にも復興のために働いてもらうことにした」という話をしました。

 今度は逆に、自分のお金に働いてもらわないことにしました(笑)。それはどういうことか? 「これまで、自分のお金が『人殺し』のためにも使われてきた」ということがわかったので、そんなことのために働かせるのはイヤになったのです。

 私は、虎の子の貯金200万円は「天然住宅バンク」に預けていますが、日々の支払い用のお金は主に三菱東京UFJの口座を使ってきました。社会人になった1999年4月に三和銀行で作って以来、10年以上使ってきたメインの口座です。

 以前から「日本のメガバンクが、世界でいちばん子供を多く殺している兵器『クラスター爆弾』を作っている会社にも投融資している」という噂は聞いていました。しかし、三菱東京UFJはメガバンクの中でもCSR(企業の社会的責任)にいち早く取り組んできたので「まあ、大丈夫だろう」と思ってました。
 しかし一昨日、あるシンポジウムで「3大メガバンクは全て、ロッキード社などクラスター爆弾製造企業と取引がある」という話を聞き、昨日は河野太郎代議士のメルマガで「日本の大手金融機関はクラスター爆弾対応について軒並み『hall of shame』(不名誉の殿堂)入りの評価を受けている」という内容が配信されました。立て続けにこういう情報が入って「もう、こういう銀行には俺のカネを1円も預けたくないな」と思い、本日、解約してきました。

 モノゴトは、いくら口で言っても実現しませんが、カネが言えば実現します。「世界の子供を幸せにしたい」と言っていても、その人が銀行に預けたお金は、軍需企業に貸し出されて、クラスター爆弾が作られ、今日も世界のどこかで罪もない子供を肉片に変えているかもしれません。

 みんな、いろんな価値観を持っていると思います。そして、私たちは「買う」「働く」「貯金(投資)する」、この3つの方法で自分の価値観を表現できます。好きなメーカーの商品を買ったり、応援したい地元のお店で食事したり、立派だと思う会社に就職したりと、「買う」「働く」は、みなさんわりと意識すると思います。でも、「貯金(投資)する」は意外と意識していなかったのではないでしょうか。

 あなたの貯金も、あなた好みに選んでみませんか?

 「選んでみたいけど、どう選んでいいかわからない」という方は、私が以前関わっていたA SEED JAPANというNGOの「エコ貯金ナビ」をどうぞご覧ください。 


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック