9/1一般質問(7) 東京電力との「随意契約」

~9/1の一般質問について、議事録を待たず原稿をブログでも紹介します。(7)~

最後に、ターゲットその4「一般電気事業者からの電力調達」ですが、現在の「随意契約」から「一般競争入札」に切り替えるべきだと考えます。

この案件については、本日の4番目に山城保夫議員が取り上げるようですので、私は詳細に踏み込みませんが、この「電力の随意契約」を見直すことで、現在の電力逼迫による市場の混乱さえ落ち着けば、1億円以上を中学校給食にまわせると見込んでいます。


以上、いま挙げた事業等を見直して、中学校給食を導入したほうが、横須賀市民と横須賀市にとっての損得を考えると便益が大きいと考えますが、市長のお考えを伺います。

また、もし私が挙げた事業よりも優先順位の低い事業があれば、謙虚にお教えいただきたいと考えています。

これで私の一問目を終わります。

~市長の答弁と、その後の一問一答については、議事録のUP後にご報告します~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック