2011年09月08日

9/1一般質問(1) 施設白書

〜9/1の一般質問について、議事録を待たず原稿をブログでも紹介します。(1)〜

小林伸行です。本日は発言の機会を与えていただき、ありがとうございます。
本日は、大きく分けて2つの質問をさせていただきます。
第一の質問は、「施設白書の必要性をどう考えているか?」、
第二の質問は、「現在の予算の優先順位はこれでいいのかどうか?」です。

まず、第一の質問「施設白書の必要性をどう考えているか?」についてお伺いします。
「施設白書」については、平成17年第1回定例会において、本会議で室島真貴子議員が、総務常任委員会で板橋衛議員が質問されています。また、「施設の更新や維持コストの将来推計」については、平成23年第1回定例会において、本会議で瀧川君枝議員が、総務常任委員会で上地克明議員が質問されています。先輩方の先見性に敬意を表しつつ、質問いたします。
みなさん、横須賀市は、ハコモノに押しつぶされそうになっています。
現在ある施設の修繕や更新に多額の費用がかかり、今後財政を圧迫していくことは、もう間違いないわけですが、この全体像を把握するための将来推計ができていません。

Audit2008.png平成21年3月の「包括外部監査の結果報告書」でも、今後、全施設の更新は不可能なので、統廃合や複合化など様々な手を打つために、市全体の施設の実態を明らかにするよう、指摘がされています。

sisetsusuginami.pngsisetsufujisawa.pngこうした中長期的な施設経営の基礎資料となるものが「施設白書」「ファシリティマネジメント白書」といった名称の報告書です。藤沢市や秦野市など「施設白書」を作成する自治体は増えていますが、横須賀市は5年前に公明党さんの質問があったときに「検討を進める」「本格的に研究を行う」と答弁したにもかかわらず、未だに作成できていません。市長、この間、いったい何を検討・研究していたのか、ご説明願います。

また、市長。ハコモノ過剰の横須賀市にこそ「施設白書」は必要だと思いますし、資産経営課の方々も予算さえあれば是非作成したいのではないかと、お見受けします。早く全体像を見せてください。「施設白書」作成に向けた市長のお考えを伺いたいと思います。
posted by 小林のぶゆき at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/225010417

この記事へのトラックバック