【会派視察報告:前編】教育先進都市・戸田市にあって横須賀市にないもの

■連日の視察となった理由  先週に引き続き、11/5~11/7の行程で会派で視察に向かった。  議会日程の合間でメンバーの日程が合う頃で調整するとこの時期となったため、どうしても視察が集中する。視察報告を書くことも含め、なかなか忙しいが、今後の政策のための有意義な仕込みの時間だと考えている。  今回の視察では、埼玉県戸田市で「教育改革」について、福岡県朝倉市で「コミュニティバス兼スクールバス」について学んだ。団長・副団長と私は、マニフェスト大賞受賞者の事例発表の研修会に参加するため2日の行程だが、他のメンバーはもう1日、岡山市で「学童保育の公営化」について学んだ。 ■戸田市に伺った背景  横須賀市は「人口減少が止まらない!」と嘆いているが、戸田市は「人口増加が止まらない!」と嬉しい悲鳴を挙げており、その点では対照的だ。  ただし、教育はどのまちでも重要な課題だ。だから教育先進都市・戸田市の話を加藤議員から聞いて、ぜひ知りたいと願った。  もちろん、良い教育を施しても、まちを巣立ってしまうかもしれない。お金を注ぎ込んでも投資対効果が不明確かもしれない。しかも、効果が表れるまで10年はかかる。そして、その効果は測りにくい。  とはいえ、全ての雛が地元から巣立ってしまうわけではない。人間には慣性があるので一定割合は残るし、教育が良ければ「自分たちの子どもも地元で産み育てよう」と考える可能性も高まるだろう。  そして、教育こそ歯を食いしばって投資すべき最重点分野だ。  基本…

続きを読む