シルバー人材センターの最低賃金逃れを斬る

チラシ29号で触れた件について、詳細をレポートする。 問題発覚の発端 2018年11月3日、私は旧知の60代男性から次のような相談を受けた。 「退職して、年金だけじゃやっていけないので、少しでも足しになればと思って、シルバー人材センターに登録して、市の駐輪場で働いています。でも、時給870円なんですよ。高齢者だと最低賃金より安くなったりするんですかね?」 ご存じのとおり神奈川県の最低賃金は現在、983円だ。 市の施設での業務であるにもかかわらず、発注先が最低賃金を守っていないとなれば大問題だ。なお、公益社団法人横須賀市シルバー人材センターは、市と資本関係はなく外郭団体ではない。ただし、市職員OBの再就職先として事実上の指定席がある、いわゆる「天下り」団体だ。市役所とは浅からぬ縁がある。 その意味で、市は「発注者」と「身内」という2つの面から、この問題に責任を負っていると言える。 現状 そこで、「株式会社横須賀市」の取締役に当たる私としては、さっそく調査を進めた。 まず、同センターの常務理事兼事務局長に問い合わせたところ、「あくまでも雇用契約の下の賃金ではなく請負契約の下の配分金であるため最低賃金制度は該当しない」旨の回答だった。この回答は予想していたが、私には違和感しかない。 併せて、同センターが引き受けている仕事の発注元である市役所の担当部署にも聞き取りを進め、右表のとおり情報を整理した。 これらの情報を基に調査を進めた結果、大きく次の4点の問題があることが…

続きを読む