2018年04月15日

いよいよ本日14:00〜と4/17(火)18:30〜、よこすか未来会議

KenseiHearing20180415.png いよいよ本日となりました。第6回「市民と議員のよこすか未来会議」の一回目。二回目は4/17(火)です。
 →チラシはコチラ(PDF)

 別に、自分たちの支援者向けにやっているわけではなく、市民の声から政策を産みだしていくための活動です。「私は他の会派の議員を応援しているんだけど……」なんてことは気にせずお越し下さい。
 お買い物のついでに、気軽にどうぞ。
第6回 市民と議員のよこすか未来会議
〜私たちの声は予算にどう反映されたか?〜
※今回も、カフェ形式でじっくりトーク
●一回目
 ・4月15日(日)14:00〜16:00
 ・産業交流プラザ 芸術劇場3F 汐入駅1分
●二回目
 ・4月17日(火)18:30〜20:30
 ・内川町内会館(久里浜5-11-18 京急久里浜駅徒歩4分 久里浜郵便局近く)
●申込:不要。参加費無料。どなたでもお越しください
●問合:橋英昭070-2209-3301
posted by 小林のぶゆき at 11:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

「基地のまち」を考える連続講座・第2シリーズがはじまります。

TransitionOfYokosukaAndBase.png 「基地のまち」を考える連続講座・第2シリーズを開催します。このまちにとって大事なテーマを、旬な講師を招いて語って頂きます。有志の議員と市民のみなさんで企画しました。この内容で1,000円ですよ! ぜひ。
 →チラシPDFはコチラ
【横須賀と基地の、これまでとこれから】
 〜Transition of Yokosuka & base〜

●会 場:3回とも産業交流プラザ 第1研修室
●時 間:19:00〜21:00(開場18:30)
●資料代:1回500円、3回通し券1,000円

■4月13日(金) 横須賀、基地のまちの成り立ち
・菊地勝広さん(市立自然・人文博物館学芸員)
・高村聡史さん(國學院大学文学部兼任講師)

■4月27日(金) 横須賀、基地のまちに暮らして
・デビット佐藤さん(東京湾要塞研究家)
・品川哲朗さん(商店主)

■5月11日(金) 横須賀、これからの都市イメージ
・奥村浩さん(元都市イメージ創造発信担当課長)
・「横須賀ナンバー」アンケートを読む(新倉裕史)

●主 催:「基地のまち」よこすかを考える連続講座実行委員
●連絡先:横須賀市本町3-14山本ビル2階(非核市民宣言運動・ヨコスカ)、TEL/FAX.046-825-0157

 横須賀と基地は、どうやって今の姿になったのだろう。そして、これからどうなるのだろう。いや、これからどうするのだろう。私たちは2014年10月〜11月、「基地問題、新たな視点で 〜Impact of Yokosuka base〜」と題した連続講座を開いた。原子力防災、基地と観光・定住、基地と経済・財政…。米軍と自衛隊の基地が横須賀にどんな影響(Impact)を及ぼしているのか。多角的に、立体的に、見つめ直した。
 今回は、「横須賀と基地の、これまでとこれから 〜Transition of Yokosuka & base〜」と題し、このまちの移り変わりの中から横須賀の歩む道を考えてみたい。前回に引き続き、単純な「基地反対」vs「基地賛成」論議を超えて、「基地のまち」を考える議論の土台をつくっていきたい。
posted by 小林のぶゆき at 09:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする