雄たる人、吉田市長の挫折と功績

期待しすぎたのか? 期待させすぎたのか?  本日7月7日、吉田雄人・横須賀市長が2期8年間の任期を満了し、17:30に退庁式があった。  私も、その最後の仕事に立ち会った。  彼に、この8年の任期を与えた有権者の一人として。  また、前回は彼を推した政治家として。  そして、彼の政策を強力に応援し、叱咤し続けた議員として。  「……俺たちは、期待しすぎたのかもしれないな」とも思う。  逗子に育ち、鎌倉・逗子の独特の浮動票型選挙スタイルの空気の中で政治を志した吉田氏。高校時代に通った横須賀市を変革のフィールドに定め、2003年に市議に初当選。2009年に「チェンジ」を掲げ、変革を約束し、市長となった。多くの市民が期待した。私も期待した。  しかし、改めて思う。  そこに、大きなボタンのかけ違えがあったのではないか?  吉田氏の「チェンジ」は、実は「改善」「漸進」だったように思う。しかし、私を含め、彼に投票した多くの市民は「チェンジ」に、このまちの「改革」や「飛躍」を期待した。  難しい問題だと思う。  市民が「改革」を期待しなければ、吉田氏は選ばれなかった。しかし、彼の地金は「カイゼン」の人であり、少しずつ「改良」していくのが、実は彼のスタイルであった。6年間、議員として彼の仕事を見てきて思う。  このボタンのかけ違いについては、吉田氏に悪気はなかったのだろうと思う。最後まで、無邪気に見えた。それが、彼の人気の秘訣でもあったろう。  「……彼は、期…

続きを読む

「上地市長、お願い。早く給食を導入して!」キャンペーンを開始!

 横須賀市の中学校給食が4~5年後になるのか? もっと早まるのか?  実は、7/18の上地市長の決断にかかっています。ご存知でしたか?  時間は、ありません。そこで、ネット署名で有名なChange.orgを利用して、キャンペーンを始めました。右の3つのアイコンも用意して、これからどんどん拡散していきます。ぜひ、みなさんもポチッと賛同をお願いします。 上地市長、「中学校給食の早期実施」って約束してくれましたよね? 親子方式で、2019年4月には開始してください! ~時間もかかる。お金もかかる。センター方式はマズいでしょ!~  本年6月30日の教育委員会定例会議で、横須賀市の中学校給食を「センター方式」で実施する方針案が示されました。でも、センター方式には、問題がいっぱい! ●時間がかかる:用地もまだ決まっていない中、導入までに早くて4年はかかると言われています ●お金がかかる:大規模な調理工場である給食センターを整備するには、大きなお金がかかります ●ハコモノ過剰に:市の発表では、今後30年で子どもの数は40%減少する予測。現在の生徒数に合わせて建設すると、すぐに施設が過剰になる見込みです ●小学校までセンターに!?:分散型の自校方式には色々なメリットがあります。しかし、ひとたび給食センターを建設すると50年は自校方式の芽が摘まれるでしょう。むしろ、自校方式の小学校まで、順次センターに転換されていくことが予想されます。  教育委員会の方針案をひっくり返して、センター方式…

続きを読む

「マニフェスト大賞」、はじめました。

 本日より、マニフェスト大賞の募集が始まりました。  →第12回マニフェスト大賞 募集要項  全国各地で政策型のまちづくりに取り組む人々の、優れた取り組みに光を当てる、このマニフェスト大賞。  私は、2012年第7回から5年連続で受賞してきて、この輪の中で多くのものを学んできました。そこで今回は「恩返し」です。応募を「卒業」し、実行委員会の事務局長として支えることとなりました。  とりわけ、今回から、原則として全部門にどなたでも応募できるよう変更しました。議会や首長・市民・企業といった枠を超えてクロスオーヴァ―に連携する事例が増えているためです。  ぜひ、「ひょっとしたら、これも該当するのでは」といった取り組みがありましたら、ぜひ応募してみてください。 応募締切は8/31。たくさんのご応募をお待ちしております!

続きを読む