いずれにしても小林はガソリン価格を変えられませんが、横須賀は思ったより安かった?

 昨日、「市内のガソリン価格を下げることは、私にはできません。」という記事を書いたところ、多くの反響を頂きました。  うち、某シンクタンク勤務の友人から、国のe-STATに統計があることを教えてもらいました。  →「ガソリン」の都市別小売価格-都道府県庁所在市及び人口15万以上の市【2017年2月】  これを見ると、どうやら横須賀はガソリン価格がこれらの都市の平均よりは安いみたいですね。 平均 131 31 横 須 賀 129  ただし、色々と情報頂きましたが、千葉県が安いというのは本当みたいですね。以下は、安値Top5です。 23 浦 安 123 15 足 利 125 21 千 葉 125 27 府 中 125 67 徳 島 125  以下、表中の情報全体を貼り付けておきます。価格差は、製油所からの距離や需給バランスなど色々な要因がありそうですが、こうしたエビデンスを基に議論することは大事だな、と改めて思いました。ありがとうございました。 1 札 幌 127 2 函 館 127 3 旭 川 134 4 青 森 134 5 盛 岡 129 6 仙 台 129 7 石 巻 129 8 秋 田 131 9 山 …

続きを読む

市内のガソリン価格を下げることは、私にはできません。

 匿名の方から、市内のガソリン価格を下げるよう、要望のメールを頂きました。お返事が届くかどうかわからないため、念のためここでもお返事いたします。 Q. はじめまして。 駅でチラシを頂き、横須賀市政に対して熱意のある方だとお見受けしました。市政とは関係が無いかもしれませんが、昔からガソリンの価格について疑問に思う事がありましたので、お聞きしてみたいと思い、メールしました。 市外、県外にまたいで仕事をしていますが、何故こんなにも高いのかと驚いています。隣の横浜市が安いのはまだ良しとして、相模原、厚木、挙句茨城県より高い事もザラです。 他県からこちらに来る方々も口を揃えて言います。 横須賀が衰退しているのも、この事が一因しているのではと考えてしまいます。誰も疑問に思わないのか不思議です。噂では上で談合?してるんじゃないかと聞いたことがあります。 お忙しいとは存じますが、もし御時間があれば、こちらも是非提議していただき、改善されれば幸いです。宜しくお願い申し上げます。 A. 横須賀市議の小林です。ご意見ありがとうございます。私自身は市外に車で行くことがないので、気付かなかった視点でした。  さて、日本のガソリンの価格は、統制ではなく市場で決まります。もちろん、ガソリン税などが乗っかっていますが、それは国政の話です。  横須賀市は、立地的にガソリン価格が安くなる条件には、おそらくありません。物流コストも県央より高く、需要も減っています。こういう条件下にあって、ガソリン価格が下が…

続きを読む

吉田雄人横須賀市長の名刺問題。過去に市議会でも議論が……

 今朝の神奈川新聞を読んでいたら、こんな記事が掲載されていました。  →横須賀市長の名刺に割引サービス 公選法違反疑いも  →横須賀市長名刺に「割引券」 「公選法違反」指摘で取りやめ  →割引記載の名刺、使用中止 横須賀市長  私は、会社で言えば社長を監督する取締役会にあたる議会の一員として、重ねての注意や指導にもかかわらず市長の行いを正せていないことになります。まずもって、この点について市民のみなさまにお詫びを申し上げます。  さて、この市長のクーポン名刺については、以前にも議会で懸念が示されたことがあったように記憶していたのですが、会議録検索を調べても出てこないので、議会ではなく別の場面で聞いたのかもしれません。ただし、クーポン名刺を配り始めた直後から懸念する声があったことは間違いありません。もし、ご自分でも検索されたい方は、下記からどうぞ。  →横須賀市議会 会議録検索システム  いずれにしても、吉田市長は懸念する声を押し切って、今まで7年間も使い続けていたわけです。さもありなんと感じています。結局のところ、グレーなことでも平気でやってしまう市長の姿勢が、議会から百条委員会を設置され、3件もの案件について調査の結果、うち2件について告発までされて、加えて自身のビラについて「公職選挙法上の文書違反ではないか」と議会で追及される現状につながっているのだと思います。  これまで議会で何度も反省の弁を述べてきましたが、本当に反省していたのでしょうか?  なお、このクーポ…

続きを読む

コミセンの部屋紹介ページが、改善されました。

 過去記事で「みんなの家とコミセンの使い勝手が改善へ。」を書いて、改善済の(1)~(4)と、折衝中の(5)~(8)をご紹介していました。  ところで、今日、大津コミセンにどんな部屋があるのか、写真を見ようと思って公共施設予約システムを開いたところ、写真が載っていない。  過去記事のとおり、「民間委託しているヴェルクよこすかは特設ページもあって、部屋の写真も載っているのに、コミセンとみんなの家のページには写真どころか面積も収容人数も載ってないのは怠慢ではないか」と言ったら「公共施設予約システムのページには載っています」と言われて「そんなもの、予約しようと思った人しか見ないではないか」と、火に油を注がれた気になった経緯があります。  でも、仕方がないので、今日わざわざ公共施設予約システムを開いたのに写真が載っていない。「開設から1年も経つのに怠慢ではないか」と、またかみついてしまったのですが、どうも大津コミセンの方々の手違いによるもののようで、地域コミュニティ支援課が動いて下さって数日後には解消してもらえそうです。  ところで、「(5)コミセンホームページの内容は折衝中。」としていた、コミセンのホームページに写真どころか面積も収容人数も載ってない件については、昨年11月に解消させてくれていたことがわかりました。  各コミセンのページからリンクする格好で「北下浦コミュニティセンター館内のご案内」という具合に別ページで紹介してくれていました。対応くださった地域コミュニティ支援課の方々には…

続きを読む

吉田市長の8年間を総括!~チラシ23号を発行~

 チラシ第23号を制作しました。印刷版は、再来週から各地で配布予定です。  →ダウンロード(PDF) ●第1特集:吉田市政8年間の総括 ●第2特集:どういうことなの?百条委員会  という内容でお伝えしています。  このチラシは、実は2か月前に用意していました。なぜ今になったのか。  私としては冷静に公正に書いたつもりでも、結果としては吉田市長に対して批判的な内容です。私を支援して下さる方には、吉田市長を応援している方も多くいらっしゃいます。議会では是々非々で非は非として厳しく指摘してきたものの、街中で配るチラシについては支援者を不愉快にさせないよう遠慮してきました。そして、今回も作ってはみたものの、ずっと逡巡していました。  しかし、先の記事でも書きましたが、先日の議会での答弁を受けて吹っ切れました。こんな市長に横須賀市を任せておくわけにはいかない。市民代表として議会に送り込まれているのだから、議会で見たことを市民にお知らせする責任が自分にはある。そして何より、黙っていたら、子どもたちの世代に申し訳がたたないと思いました。  小さな紙面に思いを詰め込みました。どうぞ、ご覧ください。

続きを読む

吉田雄人市長を居座らせることは、子どもたちの首を絞めること

写真は8年間の「チェンジ」に胸をはる市長→  先日、3/27に会派・研政を代表して議会で質問に立ち、吉田市長の8年間を総括しました。一問一答で市長と議論を交わす中で、「この市長には任せておけない」との評価を固めました。 ●公約を守らなくてもニヤニヤしながら言い逃れをする。 ●「将来世代にツケを残さない」と豪語して、精緻な財政基本計画もつくって手柄だとアピールしてきたが、肝心のハコモノに手を付けずに436億円ものツケまわしをする。目先のことはしっかり対処している風を装って、将来の大穴を放置して逃げ切ろうとする。 ●「我々が何とかしなかったら、残された市民はどうするのか。子どもたちはどうなるのか」と問うても、「私の能力ではなかなか難しい」と開き直る。  こんな市長を置いておいたら、横須賀市の未来は灰色になります。「私には能力が足りない」と自分で言っているのだから、差し替えなければいけません。  ぜひ、下記の市長とのやり取りの抜粋を読んでみてください。吉田市政の根本的な問題が浮き彫りになったと感じています。  なお、録画はコチラからご覧いただけますし、詳細な議事録も後日コチラで公開されるはずです。 【小林】  私が納得いかないのは、「市民が主役のまちづくり」だ。市長のこの言葉にずっとこだわっている。先日、「市民に痛みを伴うから市がまず計画を示すべき」と答弁した。論理的に意味がわからない。「市民が主役のまちづくり」だったら、話が逆だ。「市民の財産である施設を、何とかしなきゃい…

続きを読む

3/11(土)14:00~中央地域の未来をみんなで考えよう!

 3/11(土)14:00~、「有志議員で市民の声を聴く会」を開催します。今回は、追浜編・北下浦編・逸見編に続いて、「まちの未来デザイン会議」中央編で開催します。 ●汐入小・豊島小・桜小が廃校になるかもってホント? ●サポセン移転は撤回したみたいだけど他の施設はどうするのかな? ●中央駅前の再開発が、これから重要になると思うんだがね ●上町&鶴が丘保育園と諏訪幼稚園をこども園にする話は? などなど、色々な声を頂いています。市は、「施設配置適正化計画」という公共施設リストラ計画を進めようとしていますが、「市民が主役のまちづくり」感をちっとも感じないのです。  地域のことは、地域で決める。  市民の手で、このまちの未来をデザインする。  気軽なワークショップ形式でみんなで考えていきます。中央地域にお住まいの方も、それ以外の方も、ぜひお誘い合わせてお越しください。 →詳しいチラシはコチラ タウンニュースにも載っていた内容です。 第13回「議員有志で市民の声を聴く会」 まちの未来デザイン会議~中央編~ ●日時:3/11(土)14:00~16:00 ●場所:ヴェルクよこすか(勤労福祉会館)第8会議室 ●参加対象:どなたでも(中央地域以外にお住まいの方も歓迎) ●申込:不要(でも、できればご連絡くださいm(_ _)m) ●主催:市議有志     ・小室たかえ080-9152-3158     ・髙橋英昭070-2209-3301     ・小林伸行070-6…

続きを読む