2017年01月28日

まさか廃校?! 統廃合対象となりそうな市内13小中学校を一挙公開!

 1学年1学級でクラス替えができない!
 そんな学年がある学校は、今の基準では統廃合対象となります。2015年1月に公表された「施設配置適正化計画」の策定時には、そんな小学校が9校ありました。市役所としては学校名を公表していません。私が勝手に、市の公開情報を分析して、該当校を割り出して公表してきました。なので、文責は私にあります。次の9校です。yokosuka小中学校区.png
追浜小学校
田浦小学校
長浦小学校
逸見小学校
沢山小学校
汐入小学校
豊島小学校
走水小学校
馬堀小学校

 ただし、炎上を恐れて公表を控えてきた教育委員会からは、煙たがられてきたんじゃないかな〜(苦笑)。でも、私は市民には基本的にオープンにすべきだと思っていますので、悪いとは一切思ってません。
 ちなみに、統廃合対象というのは、廃止対象ではなくて2つの学校を統合して1つにする、といったイメージなので、市も9校全部を廃止しようという話では、もちろんありません。
 なお、右上の画像は「小中一貫と言いながら中学校と小学校の学区が揃ってないよね?」という質疑をしたときの使いまわしではありますが、学校の位置関係のイメージが湧くのではないでしょうか。PDFはコチラ↓
 →市内の小中学校の学区と位置関係(PDF)

 ところで、その後2年が経過し、現在の基準に照らすと統廃合対象となる小学校は増えています。次の2校です。
桜小学校
荻野小学校

 坂本小学校と青葉小学校が合併した桜小ですら、子どもが減って既に統廃合対象に名前が上るわけですから、いかに人口減少、とりわけ子どもの減少が激しいかがわかります。現在、統廃合対象11校という計算となります。
 なお、判断材料となる市の資料は下のリンクからご覧頂けます。
 →横須賀市「平成28年5月1日現在 横須賀市立学校児童・生徒・学級数一覧」(PDF)

 そして、気づいて提起したのは、これも私が初めてだと思いますが、なんと3年後には更に次の2校が加わり、13校に増える可能性が高いと見ています。
鷹取小学校
北下浦小学校

 もちろん、転入生がいれば別ですし、学区変更をすれば解消しますが、このまま推移すれば統廃合対象です。
 なお、中学校は当面、統廃合対象にはならなそうですが、5年後はわかりません。

 子どもたちのために、どうするのがいいのか?
 公共施設のあり方のために、どうするのがいいのか?
 もっと言えば、公共施設にかかる税金を圧縮して、子どもたちにムダな借金を背負わせないために、どうするのがいいのか?

 いずれにしても、情報は知りたい人にちゃんと届くべきだと思っていますので、以上ご報告しました。一緒に考えていきましょう。
posted by 小林のぶゆき at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横須賀市のハコモノの稼働状況ってどうなってるの?

 本日、ヨコスカをよくする会の「施設適正化計画の現状と課題」と題したシンポジウムがありました。この中で、あるパネリストがコミセンの稼働率の話をしていましたが、あれは市が公表しているデータではありません。私が作ったデータを提供してあげたものです。稼働率は、前提が変わると大きく変わりますから、数字だけが独り歩きしていくのは良くないと思っています。なので、検証可能なようにきちんと出典を述べてほしかったのですが触れてなかったし、話を聞いて稼働率に関心を持たれた方も多いと思いますので、改めて共有します。

(1)貸館系施設の部屋別稼働率
 コミセン(2013年度)とみんなの家(2011年度)の稼働率を部屋別・時間別に調べ上げてまとめてあったものです。情報源は、議会の資料照会制度で市役所から提出させた資料を、小林のぶゆき事務所で入力して加工可能にしたものです。施設分野別実施計画をめぐる議論にご活用ください。
 →Excel →PDF

(2)貸館系施設の一覧表のリスト
 下のGoogleMapsの基になったデータですが、稼働率の概要も記載しています。
 →貸館系施設の一覧表のリスト(PDF)

(3)貸館系施設の地図落とし
 概要版です。より詳細な分析は、GISを使った「横須賀データマップ」でご覧ください。

より大きな地図で 横須賀ハコモノ白書 貸館編 を表示
posted by 小林のぶゆき at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

よこすかを変える政治塾、はじめます。

PoliticsSchool2017.png政治塾を始めます。
 →右画像のチラシPDFはコチラ

横須賀を前に動かすために、人材が要ります。
市議選で僕と戦うことになるかもしれません。それでもかまいません。
お互いに当選できたとしても、仲間(同じ会派)にならなくていいです。
ただ、2年後でも、6年後でも、いつか市議選に挑戦してほしい。
そんな人材を、横須賀の地に一人でも増やしたい。

政治塾なんて、偉そうですよね。僕はそんなガラじゃない。
でも、いいんです。一緒に学ぶスタイルでいきます。
これまでも僕の事務所では、歴代のインターンと、一緒に街頭プレゼンや情報公開など新しいことに挑戦して、一緒に成果を出してきました。一緒に受賞もしてきました。
これを発展させて、政治塾とすることにしました。

議員になるための能力、議員になってからの能力、どちらも磨きます。
だから、活動は大きく2つ。
●政務調査:横須賀の現状を調査し、政策を書き上げていきます。
●政治活動:駅頭やポスティングなどで、市民に政策を伝えていきます。

入学金は要りません。逆に、働きに応じて報酬を払います。
でも、あなたの生活は支えられません。
だから、仕事や子育ての合間など、できる範囲で関わって下さい。

連絡を、お待ちしています。
小林のぶゆき政治塾

たとえばこんな人、待っています。
●子育て環境に不満を持つママ
●世の中に怒っている若者
●何かに、目覚めちゃった人
●横須賀愛が強すぎる人

条件
●僕より若い人(年上には教えにくいので)
●地アタマがいいか、ガッツがあること
●学歴・性別・国籍などは一切不問

塾のイメージ
●週に1回、中央の事務所に来る。
●1,000円/1h〜の報酬をもらって調査。
●時々、朝の駅頭やポスティングをする。
●手伝う曜日・時間帯は互いに相談して決める

連絡先
 →コチラまで

追伸:
突然こんなことを思い立ったのは、この記事に刺激を受けたからです。僕は、この飯島さんみたいに引退して後を譲れませんが、自分にやれることはやりたいと思いました。
 →議員のなり手を育てる「議員養成塾・真選組(しんせんぐみ)」で人材発掘―飯島雅則 佐久市議
posted by 小林のぶゆき at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする