走り続ける会津若松市議会から凋落の横須賀市議会が学ぶこと

 2016年7月29日(金)に、議会運営委員会で会津若松市に視察に伺った。まず、つい視察報告を忘れていて、大変に遅くなったことをお詫びする。  大変申し訳ありませんでした。  横須賀市議会では、4つの常任委員会が「委員全員で先進事例を見て、共通認識をもってやろう」ということで、年に一回視察に行くことが多い。「今年も行きたい! ここに行きたい!」と言う勉強熱心な議員が多く、視察先候補も沢山挙がる。10日程ないと全部行かれないが、日程や予算の都合で3日間に詰め込めるだけ詰め込むのが慣例となっている。  一方、議会の議論の進め方や段取りを決める議会運営委員会では、私が議員になってからの6年間で初めて視察に行くことになった。過去にも視察はあったようだが、惰性で毎年行ったりせず、必要に応じて行くのは良いことだと思う。  今回は、会津若松市の先進的な取り組みが様々な議員の口に上ることを受けて、我が会派の研政から提案させて頂き、了承頂いた。  なお、議会運営委員会は4名以上の交渉会派から選ばれる。  →横須賀市議会の委員会  交渉会派ではない共産党は残念ながらオブザーバーであるため視察には行かれなかった。一方、議会を代表しており議運にも出席頂いている議長には視察に帯同頂いた。 視察の背景 ●議会改革の3段階  議会改革は3段階に分かれるように思う。私なりの分類である。  第一段階は、公開性・透明性の確保の段階。  第二段階は、政策実現と市民参加の段階。  第三段階は、市…

続きを読む

「田舎のプロレス」に失礼な国会議員たちは地方議会を見習え

国会が「田舎のプロレス」だとの発言が話題になっているが、そう言われて当然だ。むしろ、プロレスに対して失礼だ。萩生田官房副長官:「田舎のプロレス」発言を撤回、陳謝 - 毎日新聞牛歩作戦、プラカード、かまくら作戦、議事録改竄など、与党も野党も見るに耐えない。地方議会では、あんなことしている議会はほとんどない。同じ議会人としてカンベンしてほしい。プロレスは観客に楽しんで頂くために「お約束」をする。国会は国民に仕事をしているフリをするために「茶番」をする。言論の府が穢れる。国会議員たちは地方議会に見習ったほうがいいんじゃないか?ただし、荻生田さん、あんたが言うなよ。

続きを読む

横須賀市はB級観光地から脱却せよ ~サンセバスチャンを参考に~

 写真はサンセバスチャンのバル街 もったいない、横須賀市  8年前に横須賀市に引っ越してから、「なんて、もったいないまちなんだ!」と思ってきました。要するに、いいまちなのに活かせてないのです。だから、市議にもなりました。 (1)定住で、もったいない。  住む環境としてはいいのに、市のお金の使い方が悪くて制度が整っていないから、住みやすくない。 (2)観光で、もったいない。  色々な観光資源があるし立地も恵まれているのに、上手く使ってないから、観光客を呼べない。  逆に言えば、定住人口減を食い止め、交流人口増を目指す潜在力がある。これは、ずっと横須賀市に住んできた人よりも、よそ者のほうがむしろ気付き易いかもしれません。  じゃあ、どうすればいいのか?  定住面では、中学校給食導入や学童保育改革、教育改革など、色々な提案をして、少しずつ実ってきました。一方、観光面では、具体策が欠けていたと思います。  もちろん、手をこまねいていたわけではありません。横須賀市議会は2014年に「観光立市推進条例」を議員提案で作って、「うちは今後、観光でメシを食っていくんだ!」という方向性を明確にしました。しかし、現時点では実力不足です。そして、条例は枠組を決めただけであり、具体策はまだ詰められていません。ただし、観光は生き物で、時の流れに応じて動いていくものなので、むしろ条例であまり細かく定めないほうがいい。  とはいえ、観光には戦略と打ち手が絶対に必要です。それを市議会が条例…

続きを読む

11/23(祝)14:00~逸見地域の未来をみんなで考えよう!

 11/23(祝)14:00~、「有志議員で市民の声を聴く会」を開催します。今回は、追浜編・北下浦編に続いて、「まちの未来デザイン会議」逸見編で開催します。 ●20年以内に坂本コミセンも逸見コミセンも廃止するなんて、ひどいわ! ●坂本小に続き、逸見小・沢山小・長浦小も廃校ってホント? ●空き家が増えている谷戸を盛り上げるには、こんなのどうかな! などなど、色々な声を頂いています。市役所は、「施設配置適正化計画」という公共施設リストラ計画を進めようとしていますが、「市民が主役のまちづくり」感をちっとも感じないのです。しかも、この計画で最も大きな影響を受けるのが逸見地域なんです。  地域のことは、地域で決める。  市民の手で、このまちの未来をデザインする。  気軽なワークショップ形式でみんなで考えていきます。特に逸見地域のみなさん、ぜひお誘い合わせてお越しください。  →詳しいチラシはコチラ  第12回「議員有志で市民の声を聴く会」 まちの未来デザイン会議~逸見編~ ●日時:11/23(祝)14:00~16:00 ●場所:逸見コミュニティセンター 学習室(逸見行政センター内) ●参加対象:どなたでも(逸見以外にお住まいの方も歓迎) ●申込:不要(でも、できればご連絡くださいm(_ _)m) ●主催:市議有志     ・小室たかえ080-9152-3158     ・髙橋英昭070-2209-3301     ・小林伸行070-6640-3927

続きを読む

【委員会視察報告後編2】佐世保で気付いた「ふるさと納税」の浅薄さ

 先日、ファミレスで朝飯を食べていて、テーブルに置かれていた冊子に何気なく手を伸ばしたら、たまげた。なんと、ふるさと納税専門のフリーペーパー!  16ページもので30前後の市町村が掲載されている。ネットだけじゃなくリアルなチャネルを試したいクライアントのニーズに応えた、ということなのだろう。元フリーペーパーの広告営業マンとしては、少し透けて見える。しかし、こんなことまでするものかね?  だいたい、表紙の英文表記が腹立たしい。“FURUSATO SPECIAL GOODS”だと? 英語なんてただのイメージでみんな読まないとでも思ってるんだろう。本来、同じ頭文字なら“FURUSATO SUPPORT GIVING”とでもすべきだろうに。寄付の趣旨を完全に忘れて、ただの物品カタログに堕している。  ふるさと納税といえば、2年半前に「ふるさとチョイス」のサイトを見てビックリしてこんな記事も書いた。  →「仁義なき市町村バトル?~ふるさと納税のサービス合戦はいかがなものか会議~」   改めてサイトを覗いてみても、2年半前より、ふるさと納税の「オマケ商法」大合戦ぶりに拍車がかかっている。  いったい、いつまでこんなことを続けるのだろうか? この国の為政者の責任は、いずれ検証されるべきだと思う。  とはいえ、われわれ地方は法律上、国の敷いたレールの上で仕事しなければいけない。屈辱的だが、市町村間の分捕り合戦の中、一所懸命に領地を守らなければいけない。というわけで、横須賀市もまた「ふ…

続きを読む

【委員会視察報告後編1】佐世保で気付いた「日本遺産」制度の浅薄さ

 視察3日目は、佐世保市に伺った。横須賀市にとって佐世保市と言えば、何といっても旧軍港4市の仲間である。  同じ軍転法の下で戦後復興を果たしてきた。まちの空気感も景色も、どこか似ているような気がする。  旧軍港の近くにJR佐世保駅があり、市街地に私鉄の佐世保中央駅があるのも、JR横須賀駅と私鉄の横須賀中央駅の関係に似ていて面白い。  さて、視察。 日本遺産について  「日本遺産」なるものが2015年にできた。色々と言われているが、要するに「世界遺産」の弟分になり損なった制度だろう。  →文化庁『「日本遺産(Japan Heritage)」について』  「世界遺産」は、世界に1,000ヶ所以上指定されている。大きく、文化遺産と自然遺産とがある。  「日本遺産」は、2015年に18件、2016年に19件登録され、計37件でまだまだ増えそうだ。しかも、「世界遺産」のように「その価値を評価して保護していこう」という話ではなく、「地域活性化に活用しよう」という話らしい。「地方創生」と軌を一にしているのだろう。そのため、どこかの時点の内閣が止めない限り、際限なく増えそうな気がする。  で、佐世保市・呉市・舞鶴市・横須賀市の旧軍港4市チームで登録した日本遺産が、「鎮守府 横須賀・呉・佐世保・舞鶴~日本近代化の躍動を体感できるまち~」だ。  このストーリーを構成する文化財が4市にたくさんあって、そのうち2つを、港を見下ろす丘の上から見せて頂いた。  また、その1つである旧海軍佐世…

続きを読む

【委員会視察報告中編】将来、横須賀NISSANベイスターズvs筑後タマホームホークス戦@追浜球場は観られるか?

 視察2日目は、福岡県筑後市でホークスファーム連携推進室の取り組みについてお話を伺った。  ところで横須賀市にどんな関係があるのか? 写真は、タマホームスタジアム筑後に立つ総務常任委員ら。  これは、横浜DeNAベイスターズの2軍の拠点が横須賀市長浦の借地から、市外に移転しそうになり、政策推進部があわてて引き留めにかかってくれた件の参考にするためだ。この件は、市の公園である横須賀スタジアムの優先使用をさせることで、ベイ2軍は横須賀スタジアム周辺に選手寮や練習場などの拠点を築いて留まることになった。市と追浜地域では、地域スポーツと地域経済への好影響を期待しているようだ。 →「横浜DeNA、進む2軍の拠点移転計画 横須賀・追浜公園内へ」神奈川新聞  さて、筑後市に行って驚いたのは、その歓迎ぶりと盛り上げぶりだ。  羽犬塚駅を降りるとホークス2軍のバナー。出迎えに来てくださった議会事務局職員も全員がホークスTシャツ。みんな自前で買ったという。「俺はそういう同調圧力と自腹はイヤだな」と思ったが、いずれにしろみんな着ていた。  市役所の入口には何十本ものノボリをはためかせ、市役所建物にもバナー。市役所に入ると、受付にもバナー。  入って右手には、市のゆるキャラ「はね丸」という犬の顔。よく見るとこれはフォトモザイクだった。しかも、普通はデジタル画像をソフトウェアで処理して自動的にフォトモザイクを生成するが、これはリアル紙焼き写真を手で並べて張り付けて作っている! なおかつ、その写真…

続きを読む

【委員会視察報告前編】産プラは富士市f-Biz型の中小企業コンサルに入れ替えよ!

 2016年10月31日(月)~11月2日(水)の日程で、委員会視察に行ってきた。  横須賀市議会では、議長を除く40人の議員が10人ずつ4つの常任委員会に分かれて、分担して市の経営を深くみることになっている。  →横須賀市議会の委員会  担当する委員会は、会派ごとにくじで割り当てられる。毎年、違う委員会を担当する者もいるし、できるだけ同じ委員会を担当しようとする者もいる。私は毎年変わっており、今年は総務常任委員会に所属している。この委員会では「今年も全員で先進事例を見て、共通認識をもってやろう」という話になったので、委員みんなで視察に行くことにした。  なお、この視察は各議員の政務活動費ではなく、議会全体のおサイフでまかなわれる。基本的には、交通費と宿泊代のみである。いずれにしても、みなさんの税金であり、税金をかけた分以上の知見を持って帰らねば失敗となる。 静岡県富士市「創業者・中小企業支援施設について」  最初に伺ったのは富士市産業支援センター、通称f-Biz。  正直言って、行くまではあまり期待していなかった。どうせ「立派な施設作って、国からの補助金か何かもらって中小企業支援をしていたけど、成果が上がらないから民間に任せたらわりと上手くいきました」的な話かと思っていた。  着いてみたら、まず施設は全然華美ではなかった。中央図書館分館の1階と2階の一部を使っているだけで、どちらもコンビニより狭いくらいだ。3Dプリンタとかを備えたファブラボ的な機能もない。仕切られた会議…

続きを読む