2016年10月18日

市内米兵犯罪のその後 〜0の背景に何があるのか?〜

ListOfCrime201601018.png 以前、横須賀市に関連する米兵犯罪をリスト化してご紹介しました。
→過去記事「横須賀でこんなに米兵犯罪あったんだ!」
 今回はその続きです。

 3年半前の当時よりも、市のホームページへの記載が網羅的になったようなので、もう私のほうでリスト化しなくても大丈夫かな、とも思っています。
 →横須賀市「基地対策のあゆみ」

 ともかく、市がUPしていない事件(2015年2月など)も含め、その後の分をUPします。右上画像や下記では見にくいと思いますので、詳しくはPDFファイルでご覧ください。
 →PDFはコチラ
時期 概要 内容
2016/1/7 暴行被疑事件 大滝町において、酒に酔った米海軍グアム基地所属の米軍人による、店内で店主3名に暴行する暴行被疑事件が発生
2015/2/? 性的不法行為 酒に酔った米海軍横須賀基地所属の米軍人による、合意を得ずに女性に性行為をする事件が発生し、軍法会議で処分
2014/1/14 住居侵入被疑事件 根岸町において、酒に酔った米海軍横須賀基地所属の米軍人による、不法侵入被疑事件が発生
2013/12/8 詐欺(無賃乗車)被疑事件 汐入町において、酒に酔った米海軍横須賀基地カーティス・ウィルバー所属の米軍人による、タクシー運賃等を支払わずに逃げる事件が発生
2013/7/13 窃盗未遂被疑事件 逗子市において、酒に酔った米海軍横須賀基地空母GW所属の米軍人による、窃盗未遂被疑事件が発生
2013/6/21 器物損壊被疑事件 若松町において、酒に酔った米海軍横須賀基地の関係者(軍属)による、器物損壊被疑事件が発生
2013/5/28 県迷惑防止条例(卑わいな言動)違反被疑事件 横須賀市内走行中の京急バス車内において、米海軍横須賀基地第7潜水艦群所属の米軍人による、スカート内盗撮被疑事件が発生
2013/5/26 住居侵入被疑事件 グリーンハイツにおいて、酒に酔った米海軍横須賀基地所属の米軍人による、不法侵入被疑および転落死事件が発生
2013/5/21 住居侵入被疑事件 汐入町において、酒に酔った米海軍横須賀基地空母GW所属の米軍人による、不法侵入被疑事件が発生
2013/5/12 建造物侵入被疑事件 逗子市において、酒に酔った米海軍横須賀基地ステザム所属の米軍人による、建造物(小学校)侵入被疑事件が発生
2013/5/5 住居侵入被疑事件 吉倉町において、酒に酔った米海軍横須賀基地フィッツジェラルド所属の米軍人による、不法侵入被疑事件が発生
 こうして見ると、2013年度が異様に多かったことがわかります。1年間に10件。2012年度の7件も例年になく多かったのに、それを上回りました。

 ところで不思議なのが、2014年1月を最後に現在まで2年9ヶ月の間、横須賀基地所属の米軍関係者による刑法犯は報告されていないという事実です。2016年1月分は横須賀基地所属ではなく、2015年2月分は日本の法律や日本人には関係しない事件なので、それを除けばという話です。
 この背景に何があるのか? 4つの理由が考えられそうです。
●(1)犯罪はあったが、隠蔽され認知されていない。
●(2)幸いにもたまたま犯罪が起きなかっただけ。
●(3)横須賀基地所属の米軍関係者への教育研修プログラムが改善された。
●(4)知らないうちに、在日米軍の内規が厳罰化され、抑止されていた。
 基地対策課にも半年ほど前に確認をしたのですが、理由はわからないとのことでした。現在では、いずれの可能性も残されていると考えています。また何かわかったら、ご報告したいと思います。

 ところで、前回記事でも沖縄市との比較でお伝えしたので、沖縄市議会の近況も調べてみました。見にくいと思いますのでPDFファイルでご覧ください。
 →沖縄市議会で可決された意見書・決議
沖縄市議会で可決された意見書・決議の件数
年度 2013 2014 2015 2016※
意見書数 7 4 9 8
決議数 2 4 4 6
合計 9 8 13 14
うち米軍関係 8 6 9 13
出典:沖縄市市議会ホームページ
※2016年の範囲は1月1日から8月15日までとする。

 なお、2016年(しかも8か月間のみで)の13件というのは、例年よりかなり多いですが、内訳は次のようなものでした。
沖縄市議会の米軍に関する意見書・決議の一覧2016Jan-Aug
可決年月日 意見書 決議
3/17 F-22及びF-16戦闘機の嘉手納基地への暫定配備に伴う騒音被害増加に関する意見書
F-22及びF-16戦闘機の嘉手納基地への暫定配備に伴う騒音被害増加に関する抗議決議
3/17 度重なる米軍人・軍属による事件事故並びに飲酒運転に対する意見書
度重なる米軍人・軍属による事件事故並びに飲酒運転に対する抗議決議
3/24 米兵による女性暴行事件に関する意見書
米兵による女性暴行事件に関する抗議決議
5/25 米軍属による女性死体遺棄事件に関する意見書
米軍属による女性死体遺棄事件に関する抗議決議
7/5 在沖米空軍軍属及び在沖米海軍兵による飲酒運転事故に対する意見書
在沖米空軍軍属及び在沖米海軍兵による飲酒運転事故に対する抗議決議
7/5 米軍属の覚せい剤取締法等違反に対する意見書
米軍属の覚せい剤取締法等違反に対する抗議決議
7/5 防衛施設周辺防音事業補助金交付要綱の改正に伴う防音工事に係る維持費補助の見直しに対する意見書

 沖縄市は、国に対しては、地方自治法に基づく「意見書」、米軍に対しては法的な規定がないので「決議」として、セットで提起することが多いようですね。

 この間、横須賀市議会でも多くの意見書が可決されていますが、米軍に関するものは0件です。背景となる状況も風土も違うため、単純比較はできませんが、日米地位協定に対するスタンスにも表れているかもしれません。
posted by 小林のぶゆき at 18:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

会派「研政」の政策提言2016を市に提出しました。

14444608_1143366222437753_8900602079958883210_o.jpg 9/26に「政策提言2016」を横須賀市役所に提出しました。去年までは予算要望と呼んでいたもので、毎年提出しています。うっかり、提言した内容をUPするのを忘れていました(汗) こちらです。
 →政策提言2016(PDFファイル)

 これは、過去3回の「市民と議員のよこすか未来会議」を経て、市民との議論、会派内の議論、視察やヒアリングなどによる調査などで、練り上げて、練り上げてつくったものです。
 「議論の力」ってあると思うんですよね。誰か一人が考えるだけじゃなくて、話し合う中でより良いものが生まれていく体験ってありませんか? 会派内でも未来会議でも、そんな化学反応がいっぱい起きた気がします。そして、そのプロセスは楽しかったです。

 だから、僕らの政策には自信があります。僕の政策じゃなくて、市民も市民代表も交えた「僕ら」の政策だから。市民のための政策を実現させるために、研政は、これからも政策集団として頑張りますよ〜!

 ちなみに、研政の“コーポレート・メッセージ”は「くらしの声をかたちに。研ぎすます政策力。」です!
posted by 小林のぶゆき at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

「市の予算、勝手にオープンデータ化」がマニフェスト大賞で受賞!

 本日、マニフェスト大賞2016の結果が発表され、「優秀政策提言賞」部門で、インターンの増田紫乃さん、和田悠人さん、I-CASインターン生のお2人と共同受賞しました!
 →『マニフェスト大賞「優秀賞」35件決まる』毎日新聞2016年10月5日
DistributionYokosuka2016.png
 マニフェスト大賞は、政策本位の政治を目指す全国の首長・地方議員・市民らを毎年表彰しており、今回で第11回。実は、個人で受賞したものも含めると、今回で5年連続の受賞となります。
●2012年「横須賀ハコモノ研究会」
2013年「横須賀データマップ」
2014年「市民の声を聴く会」(故・山城保男議員と共同)
2015年「街頭プレゼンのパッケージ開発」(間瀬海太さんと共同)
2016年「市の予算、勝手にオープンデータ化プロジェクト」

 ちなみに、どの活動も現在も継続中です。市議会議員になってから、毎年受賞していることになりますが、その背景としては、
マニフェスト研究所の勉強会で学ぶ
   ↓
全国の先進事例を知って刺激を受ける
   ↓
自分もがんばる
   ↓
受賞する
   ↓
受賞作のプレゼン大会に参加して学ぶ
   ↓
またまた刺激を受ける
   ↓
更に自分もがんばる
 という「マニフェスト・サイクル」がなんだか完成している気がしています。要するに、マニフェスト大賞の狙い通り、賞というニンジンをぶら下げられて、まんまと「善政競争」させられています(笑)。でも、私は怠け者なところがあるので、本当にいい機会を頂いています。感謝。
 と言いつつも実は今回、厚さ32cmもの資料を入力してくれたのは全部インターンの4人。私は1件たりとも入力作業をしておらず、監修をしたという体になっています(苦笑) みんな、よくがんばった!

 いずれにしても、出馬以来の公約「見える」「わかる」「変わる」の延長線上に今回の取り組みもあります。今後も続けていって、横須賀市をもっと面白くしていきますよ!

追伸:
 小林のぶゆき事務所では随時インターンを募集しています。この業界にもし興味があれば、報酬もあるので普通にバイトするよりも、得られるものが多いと思います。ぜひ事務所のドアを叩いてみてください。
posted by 小林のぶゆき at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする