【会派視察報告後編】呉市に学ぶ軍港資料館と近代史への向き合い方

 前回に引き続き、会派・研政での視察報告です。3日目となる5/27は、広島県呉市に「大和ミュージアム」と「てつのくじら館」の視察に伺いました。物見遊山ではありません。なぜ視察したのか? ※写真は「大和ミュージアム」とその隣にある「てつのくじら館」の潜水艦  横須賀市・呉市・佐世保市・舞鶴市は旧軍港4市として、よく並べられます。  かつて、旧日本海軍の第一海軍区(横須賀)、第二海軍区(呉)、第三海軍区(佐世保)、第四海軍区(舞鶴)の軍港として、それぞれ鎮守府が置かれていました。  そして、戦後は旧軍港市転換法(軍転法)の対象となる4市として、共に「平和産業港湾都市」の建設を目指してきました。  2016年4月には、この旧軍港4市が「日本遺産」に認定され、それを受けて4市で協力して旧軍港4市のホームページも作っています。そこでは、「平和観光港湾都市」を目指すと謳われています。「平和産業港湾都市」の「産業」のうち、特に「観光」に力を入れていくという方向性なのでしょう。  そんな旧軍港4市のうち、舞鶴にはかつて視察でお邪魔したことがありますが、呉と佐世保には伺ったことがありませんでした。そして、横須賀市では「(仮)軍港資料館をつくろう」という市民団体や議会内の動きもある中で、特に引き合いに出されるのが呉の「大和ミュージアム」でした。そこで、呉というまちがどんなところで、「大和ミュージアム」がどんなところで、どんな打ち出しをしているのか、いつか現地視察したいと考えてきました。 …

続きを読む

【会派視察報告前編】まちをデザインする神戸市

 会派・研政で視察に行ってきました。5/25~27の3日間の行程ですが、私だけ5/25に横須賀でローカル・マニフェスト推進地方議員連盟神奈川勉強会「オープンデータとこれからの公民連携」という研修を受けたので、2日目からの合流となりました。  初日の愛知県半田市では、チラシ17号「横須賀ハコモノ白書 第三弾」で取り上げた成岩中学校の、部活動を地域が担う総合型地域スポーツクラブの取り組み視察だったので、実際に見られず残念です。  さて2日目は、神戸市です。以前、横浜で政策デザイン勉強会VOL.37『神戸KIITOの「クリエイティブゼミ」の取組みから「政策+デザイン」による社会課題解決を考える』という研修を受けたときに、デザインクリエイティブセンター神戸(以下、略称のKIITO)の副センター長永田宏和さんのお話を伺い、大変刺激を受けたので実際に見せてもらうことにしました。  KIITOは、神戸市の施設です。かつて、国の税関生糸検査場だった建物を、神戸市が買い取って再活用しました。  このKIITOは、どんな場所なのか?  簡単に言うと(1)貸事務所、(2)貸スペース、(3)企画事務所の3事業を実施するための施設です。指定管理者に委託しています。  関東で有名なところだと、世田谷区の三宿小学校を改修した「世田谷ものづくり学校」が近いと思います。10年ほど前にBeGoodCafeというNGOで活動していたときに行ったことがあります。デザイナーとかプランナーが入居していて、貸スペースもあっ…

続きを読む

横須賀市の職員に「反論権」を与えよ!

 のっけからややこしいのですが、市職員に「反問権」はなくとも、おそらく「反論権」はあります。  横須賀市の場合、課長以上の部長・局長・副市長・市長などが理事者(理事説明員)となって、議会の質問に答弁します。  横須賀市議会は、この答弁者に「反問権」を与えていません。横須賀市議会が議会基本条例をつくったのは2010年と早かったのですが、その後に世の中はどんどん先へ進み、我が議会はいつの間にか、やや時代遅れになりつつあります。だからこそ、議会改革度ランキング17位から175位まで転落してしまうわけです。  で、今や議員からの質問に対し反対に問い返す「反問権」を理事者に与えるのは、時代の趨勢だと思います。でも、横須賀市議会はまだ条例改訂して与えていません。これがあれば、議員からの言いっぱなしが減って、政策論争が進むと思います。なので、かつて議会改革の先頭集団を走ってきた優秀なランナーたる横須賀市議会は、いずれ「反問権」も付与することになるでしょう。  さて、では議会基本条例の改訂まで待たなければならないのか?  私の解釈では、「反問権」はなくとも、理事者が反論する「反論権」なら現段階でもあると思います。  議員は、「質問」と言いながら、質問ではなく主張していることも往々にしてあります。議員同士で直接話さずに、理事者に質問する形で、質問という名の意見を述べ合っている様子をしばしば見ることができ、理事者の方々がいわば「サンドバック」として使われて可哀そうだなと思います。ハッキリ言って…

続きを読む

17位から175位への転落。これが横須賀市議会の実力か?

早稲田大学マニフェスト研究所による「議会改革度調査2015」の結果が本日6月7日に発表されました。 →上位300位の一覧表 気になる横須賀は……なんと175位へと大幅に転落しました。 2012 17位(県内1位) 2013 41位(県内3位) 2014 29位(県内2位) 2015 175位(県内12位) 県内では、1位箱根町議会、2位茅ヶ崎市議会、3位南足柄市議会、4位葉山町議会、5位神奈川県議会、6位相模原市議会、7位川崎市議会、8位大磯町議会、9位横浜市会、10位秦野市議会、11位小田原市議会に続く、12位に落ち込みました。 4年前の全国17位・県内1位を自慢にしていたのに、まさかの175位……。でも、まさかというより、これが横須賀市議会の本当の実力なんだと素直に思います。 あちこちの議会を見に行って、自分の議会と比べて「そんなにウチがいいハズないよな~」とは思っていました。だからこそ過去の記事でも「形式ばかりは整っているが、中身が伴っていない」と指摘してきました。 →うちの議会は42点?「議会改革自己診断シート」を使ってみた!(2014/4/20) →人口だけでなく議会も藤沢に抜かれた横須賀(2014/6/3) →議会改革度ランキング全国29位は本当の実力か?(2015/5/21) で、今年は過去と採点方法に変更があったようなのです。 早稲田大学マニフェスト研究所顧問 北川正恭のコメント 地方創生時代を迎え、いわゆる議会改革と呼ばれる議会活動の中身…

続きを読む

沖縄県議選の開票結果分析(速報版)から県民の民意を探る

 個人的には、沖縄県議選の結果が非常に気になっていました。ほぼ結果が出そろったので、沖縄タイムスの県議選2016開票速報と、選挙ドットコムの県議選2012過去記録を見比べてみました。  おおまかに、自公は退潮、でも社民は伸び悩み旧民主は壊滅、沖縄社会大衆党と共産は躍進、沖縄で一定の支持を得ていた維新をおおさか維新が引き継いでない感じ、などがある気がします。  しかし、民意をちゃんと反映できる選挙という仕組みはいいもんだなあ。  あと、知り合いが手掛けた「政策マッピング」は可能性を感じました~。  以下、簡単な開票結果分析。 ●那覇市・南部離島区(定数11) 前回は、1~5位を自公が独占だったが、いずれも転落。 前回は、1位・4位・5位だった自民が、2位・5位・11位。 前回は、2位・3位だった公明が、6位・8位。 一方、共産は8位・10位から、なんと1位・4位へ。 沖縄社会大衆党は7位から3位へ。 社民は6位・11位から、9位・10位でふるわず。 ●国頭郡区(定数2) 前回トップ当選の自民が落選。 前回落選の知事与党系が返り咲き。 ●うるま市区(定数4) 前回1位の自民が2位に後退。 前回2位の自民が4位に後退。 ●沖縄市区(定数5) 前回2位の社民が1位に上昇。 前回トップ当選の公明は3位に後退。 あとは現地情報ないとよくわからない感じ。 ●中頭郡区(定数5) 前回5位の社民がトップ当選。 前回1位の自民が2位に後退。 …

続きを読む