天性の詐術師、藤野英明議員のレトリックが鮮やかすぎてふるえる

 いや、すばらしい。さすが、藤野英明議員です。  政治家は、実績(を挙げているイメージ)で評価されます。だからこそ、いかに弁舌鮮やかに自分の主張や実績を伝えるかが重要です。その意味で、フジノは一級品です。日本全国4万人近い議員がいますが、その中でもトップクラスなのではないでしょうか? 私自身も当初、「フジノさんは立派な議員だ」とカン違いさせられましたが、多くの市民が見抜けないほど巧みにウソをつき、自分の実績(かどうかわからないものまで)をアピールする。政治屋として、こんな優秀な人はいません。  最近、フジノは裁判に負けて、慰謝料を払い渋って、議員報酬の差し止め請求を起こされて、横須賀市役所から給料天引きされたみたいですね。ヤレヤレです。で、その裁判の資料(控訴理由書)を読むと、まあ、いろんなこと言ってたみたいですね。 「訴外吉田と訴外小林は、政治的関係においては良好な関係にある」だとか。  なんで、自分の暴言ツイートで名誉棄損裁判起こされているのに、関係ない吉田市長とか私なんかを引き合いに出しているのかよくわかりません。ただ、吉田市長と私が良好な関係って(苦笑)。私だって、彼に公約をちゃんと守ってもらって良好な関係を築きたいのはヤマヤマですがね。吉田市長を応援したり廣川候補を応援したり共産党井坂県議を応援したりもうなんだか政治理念も腰が据わらないうえ、あちこちに敵ばかりつくる政治屋から見れば、まあ良好な関係に見えるのかもしれませんがね。 「訴外小林は、自己名義…

続きを読む