会派視察報告【神山町】IT企業を呼び込む成功則はあるのか?

 前回に続き、会派視察報告です。  3日目最終日は、徳島県神山町です。  企業誘致は、大きな工場だけじゃない。小さいけど若くて強い会社に移ってきてもらったり、市内で起業してもらったりすることも、まちを元気にします。  そこで、IT企業のIターン型誘致で全国から注目を集める神山町に行ってヒントを探りました。 ※写真は、転入企業が整備した施設で最も有名な「えんがわ」  結論から言うと、ヒントはよくわかりませんでした。  「は? オマエ、税金使って視察行っておいて、よくわかんなかったじゃ困るんだよ!」とお叱りを受けそうですが、正直言ってそうなんです。それに、私はよくわからないものを、もっともらしく知ったかぶりするほうが害が大きいと考えています。ソクラテス的に、何がわからないかをわかるようにしておくことって大事だと思うんです。  「わからなかった」というのは、神山町での取り組み内容ではなく、企業、特にSOHO(Small Office Home Office)的な会社が何を重視して立地を選ぶのか、ということ。色々な要因があるので、「こうすれば、誘致成功まちがいなし」みたいな定理や方程式はないんじゃないかな?と思ったんです。  多分、教科書的に言えば、生態系(EcoSystem)が大事ということになるのでしょう。  以前、うちのインターン生の勧めで『「シリコンバレー」のつくり方』という本を読みましたが、シリコンバレーにはスタンフォード大学やカリフォルニア大学群があり、テキサ…

続きを読む

会派視察報告【南国市】食育と炊飯器給食 You are what you eat.

 前回に続き、会派視察の報告です。  2日目は、高知県南国市です。ある方に、「Blogは結論から先に書いた方がいい」とアドバイスを頂いたので(笑)、結論を言うと「横須賀市も食育&地産地消に力を入れたほうがトクかも」というハナシです。 ※写真はいただいた給食。一食270円也。南国市産のコメ、トウモロコシ、ブリ、ゴボウ、キュウリ、牛乳、その他こまごました食材も市内産らしいが忘れた。  さて、南国市は、給食のご飯を学級別に家庭用炊飯器で炊いていることで有名なまちです。以前、川名ゆうじ武蔵野市議のBlog記事を読んで関心を持っていました。そして、横須賀の公営保育園ではどういうわけか副菜のみで主食を提供していないので、私は保育園完全給食を実現するために南国市のように家庭用炊飯器で炊きたてゴハンを提供するよう提案してきました。ただし、実際に自分で見たことはありませんでした。  今回、南国市を訪問して、いい意味で裏切られたのが「南国市のスゴいところは、実は炊飯器給食じゃなかった」ということです。  南国市からの説明を聞いてみると、食育の話から始まり、なかなか炊飯器の話にならず、後半ようやく触れられて説明が終わりました。その間に、すっかり南国市の食育の取り組みに魅了されました。一つ一つの事業については触れませんが、まあ~「教育のど真ん中に食育を」と謳うだけあって、素晴らしかったです。そして、炊飯器給食は、食育の一環としてのシンボル的な事業でしかなかった。  私は、ずっと食育には否定的で…

続きを読む

会派視察報告【大田区】横須賀の5倍も学童保育に注ぎ込む大田区との彼我の差に涙

 6/29~7/1の日程で、会派・研政の5名で視察に来ています。互いの希望を出し合って、「子育て支援&人口減少対策」をテーマに予定を組みました。 ●6/29 東京都大田区:放課後子ども教室 ●6/30 高知県南国市:炊飯器給食 ●7/1 徳島県神山町:生産年齢人口流入策 ということで、楽しみな内容です。  昨年までの無会派時代も、一人で視察には行っていました。現地で「ついでにこれも見よう」と思えば自由に動けて機動力があった反面、孤独なのは別にいいとしても多様な視点が持ちにくかった面はあるかなと思います。  会派だと自由な予定変更はできない面は確かにあります。でも、ある程度問題意識の近い人が集まっているとはいえ、同じものを見て同じ話を聞いても着目点が違ってきますし、道すがら振り返りしながら政策論争できるのも利点だと感じています。  初日は、東京都大田区です。ちなみに、大田区役所は元は民間物件だったとのこと。「言われてみれば、なんだか造りがデパートっぽいな」とか思ったのですが、それもそのはず。後で調べたら、もともと商業施設用に作られ、一度も使われないまま市役所に改築されたそうです。写真は本会議場ですが、元々ここはプールだったらしい。天井も開閉式で、開けたら気持ちいいだろうな。でも「議場などという休眠資産にしないで、そのままプールとして活用したほうがよかったのに」と思わずにはいられませんでした。  しかも、以前知人に勧められて読んだ『蒲田戦記』のまさに舞台だった桃源社のビルで…

続きを読む