横須賀市災害マップをつくりました!(津波&土砂災害&洪水) ~「出前相談」受付中~

※全体だけでは見にくいため、後日「地域ごと拡大版の「横須賀市災害マップ」(土砂災害&洪水&津波)をつくりました。」をUPしました。 我ながら、よくばりなモノを作ってしまいました!  2011年の3.11、本年8月20日の広島市土砂災害、横須賀市平作川の1974年七夕水害……。さまざまな自然災害を受けて、「ココは最大でどんな被害があるのか?」ということが一目瞭然でわかったらいいな、と思ったのです。  そこで、一枚の地図の上に、こんなのをまとめて載せてみました。 ●津波予測(神奈川県「津波浸水予測図」2012より) ●土砂災害予測(国土交通省「土砂災害危険箇所データ」2010より) ●洪水予測(国土交通省「浸水想定区域データ」2012より) ●市内の災害弱者が集まる施設(小林調べ)  →横須賀市災害マップ(災害弱者情報・強化版)【PDF形式】  うーん、情報ギッシリで見づらいですよね(苦笑)  ただし、PDFを見るアプリ「Adobe Reader」で開いて「レイヤー」というのをいじれば、見たい情報だけを表示させることができます。たとえば、「三浦半島断層群地震の場合の津波と、障害者施設だけを表示して、うちの施設に何mが来るのか見たい」ということもできます。  とはいえ、やっぱり拡大しないと見づらいですよね(苦笑)  なので、障害者施設や福祉施設など災害弱者(災害時要援護者)の施設向けには、市がやっている「出前トーク」ならぬ「出前コーチ」で出張相談をいたします。…

続きを読む

障害者施設向けの津波ハザードマップ(横須賀データマップ 番外編)

2014年3月1日に「市⺠参加のまちづくりの会」さんの主催で、「災害時 要援護者が安心できるまちを」という研修会がありました。ここに呼ばれて講演した際、右のようなマップを作成しました。要援護者がいらっしゃる施設と、津波の浸水予測図を地図の上で重ねて、被害を想定しておく必要がある施設を割り出したものです。 「わかりやすい!」とご好評で、「うちの施設の場合、何m位の津波の可能性があるのかしら?」「うちも知りたい!」という声を頂きました。  このたび、「体験型!要援護者避難所受け入れ訓練」というイベントが9/7に行われたのですが、会場に展示するために作成を依頼いただき、ひとまず障害者の方々が集まる施設について、地域ごとに拡大して調べてみました。  →障害者施設向けの津波ハザードマップ  よろしければ、ご活用ください!

続きを読む

左と右。後ろと前。

 円形のスタヂアムを思い浮かべてほしい。  ライトの応援席とレフトの応援席は、センター方面と、キャッチャーの真後ろでつながるのである。  円形の議場を思い浮かべてほしい。  右翼の一番右と左翼の一番左、つまり極右と極左は、議長席の後ろでつながる。ちなみに、ナチスは「国家社会主義労働者党」の略である。  しかし、右と左は後ろだけじゃなく、真っ正面でもつながっているのだ。  いまの時代、右も左もない。  後ろではなく、まっすぐ前を向こう。最近、日本はライト方面にファールばかり飛ばしているじゃないか。センター方面に、ホームランを飛ばそう。  そのとき、後ろ向きの積極的平和主義は、前向きの積極的平和主義に変わる。  建前のコトバはもうやめよう。心の中の本当のことを素直に伝える言葉を使おう。  美しい国、美しい日本、美しい言葉……。誰かが汚してしまったコトバを、素直に使えるようにしよう。  日本を取り戻すんじゃない。  私たちを取り戻すんだ。

続きを読む

横須賀の施設リストラ計画案、発表!

※先日UPした時点では、まだ原案を公開してはいけなかったようなので、本日の議会を待って再掲します。  横須賀市が持っている施設をどう再編・統廃合するか? そのリストラ計画をまとめた「横須賀市施設配置適正化計画」原案が、発表となりました。  →原案本体  →計画確定までのスケジュール案  具体的な施設名まで入れた素案を示したことは、悪くなかったと思います。市民も具体的なイメージがわき、曖昧な計画より良かった。ここまで市長をはじめ職員のみなさまもよく頑張って下さいました。  しかし、しかし、です。  ここから住民の声を取り入れて最終的な計画の大枠を固め、合意を作っていくのは、本来、住民代表である議会の仕事です。なのに市は、説明だけすれば市民も理解してくれて計画確定できるつもりの強行スケジュールを組んでいます。横須賀の将来の姿を決める計画なのに、拙速であり、かなり乱暴だと思います。 ・そもそも、総量削減17%を前提とした計画だが、17%で本当にいいのか? ・廃止する施設・残す施設はこれでいいのか? ・他の案もあるのではないか?  こうした議論を積み重ねて、市民が納得できる計画にしていきたいと思います。近く私の腹案も示します。  決して、役人の筋書き通りのままでは進めさせない!  その決意を述べて、ひとまずのご報告です。

続きを読む

【祝】市議会議員オペラ無料招待ワイロ疑惑は、議会側が「勝利」!

 いいご報告です。  5月から3回にわたってお伝えしてきたこのモンダイ。議会側の「勝利」に終わりました!  →市議会議員のオペラ無料招待は「ワイロ」か?「議員特権」か?  →市議会議員オペラ無料招待ワイロ疑惑が、新聞に。  →市議会議員オペラ無料招待ワイロ疑惑、続報。  概要としては、●議会が選んだ芸術劇場の委託業者が5月、市議会議員全員に最高3万円弱相当のオペラ等の招待状を贈ってきた。 ●私は、「選んだ立場の議員に利益供与するのは見返りや議員特権じゃないか、と議会が疑われてしまう。取り下げるべきだ!」と業者に抗議。 ●私のBlogか何かで知った記者がこの問題を取り上げ、2度までも新聞沙汰になる。 ●しかし、業者は「ワイロのつもりではないからウチは間違っていない。見解の相違だ」とアベちゃんみたいなことを言って、最後まで招待を強行。敵ながらあっぱれの堂々とした態度。 ●ところで、招待状には「年度後半の公演につきましては8月頃に改めてご案内をさせていただく所存です」と書いてあったので、8月も終わったことだし、小林にて本日確認のTel。 ●業者いわく「ウチでは今でも間違っていなかったと思っているが、新聞にもあのように書かれ誤解を招きかねないので、後半の招待は行わないことにした」とのこと。  というわけで、「癒着だと思われかねないので取り下げるべき!」との私の主張は、時間がかかりましたが受け入れられたことになります。  ところで、なぜ私がこんな細かいことにこれほどこ…

続きを読む

「善政競争」に参加しています!

 今年もマニフェスト大賞の季節がやってきました。すっかり応募を忘れていて、何とか8/31(日)23:47に応募を済ませました(あと13分遅ければアウト!苦笑)。  議員になって最初の年は様子見でしたが、2年目以降は毎年応募してます。  特に今年は応募すると「オマケ」がもらえるというので、間に合ってよかった~(笑)。  で、もらった「オマケ」がコレ。このロゴです。  「善政競争に参加しています」と書かれたこの特別なロゴは、応募者だけが使えるらしい。なるほど~、こうやって応募者を増やす狙いですね。  確かに「身内が土地売買に参加しています!」とか「政務活動費の全額使いきりに参加しています!」とかいうロゴよりいいよねえ(笑)。早速ホームページに貼ろうっと。  みなさん、このロゴを貼っているような多くの地方議員は、マジメに頑張っています。しっかり注目して、しっかり監視して、善政を競ってもらいましょう!

続きを読む